1. 有線接続で「遅延問題」を解決! iPadを快適なセカンドディスプレイに変えるアプリ「Duet」

有線接続で「遅延問題」を解決! iPadを快適なセカンドディスプレイに変えるアプリ「Duet」


 iPadをセカンドディスプレイとして利用できるアプリなどはたくさんありました。でもその多くは無線接続だったため、表示の遅延がストレスになり、断念した方もおおいのでは?

 でも、普段MacBook Airを使っている方にとってiPadのディスプレイサイズは絶妙に便利なんです。カフェなどでメインの作業をしている横で、ちょっとしたウィンドウを表示しておくことができます。

 そんな遅延の問題を「有線接続」によって、ゼロにするアプリがリリースされました。

iPadを快適なセカンドディスプレイに変えるアプリ「Duet」


 そのアプリの名は「Duet」。Lightningケーブル・30ピンケーブルを使ってMacと有線接続することにより、iPadを表示の遅延がないセカンドディスプレイにすることができます。


 使用するには、MacとiPadに専用アプリをインストール。Mac用のアプリは無料でインストールできますが、iPadの方は14.99ドルと有料。インストール後はアプリを起動し、MacとiPadをケーブルで接続するだけでOK。


 現在はMacにしか対応していない「Duet」ですが、今後Windowsも対応可能にしていくとのこと。あなたも「Duet」を使って、iPadを快適なセカンドディスプレイに変えてみては?



U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する