1. ちょっとレトロが今にぴったりの「クラシックメガネ」。大人のお洒落にどう活かす?

ちょっとレトロが今にぴったりの「クラシックメガネ」。大人のお洒落にどう活かす?

出典:shop.beams.co.jp

 今や目が悪いからかけるだけではなく、おしゃれの一部になった眼鏡。アクセサリー感覚で襟元からかけたり、胸ポケットに入れてワンポイントにしてみたりと、おしゃれとしてメガネを使う人が増えています。

 最近では各メーカーから現代風にアレンジされたクラシックメガネが発表されていることもあり、ますますメガネをコーディネートに取り入れたいところ。では、どんなクラシックメガネがあるのか見ていきましょう。

おしゃれメガネ初心者向けの「ウェリントン」

出典:www.alook.jp

 台形を逆にしたような形のウェリントン。存在感のあるウェリントンは、カジュアルな服装と相性抜群。ウェリントンは日本人の顔に向いているので、おしゃれ用メガネを購入したいならまず最初に試してみると良いかもしれません。

 顔の形が面長の方は、縦に長めのウェリントンを選ぶのが正解。フレーム下からあごまでの長さが短くなり、面長が解消されます。

優しい印象を作りたいなら「ボストン」

出典:www.amazon.co.jp

 アメリカのボストンで流行ったことから、その名前がつけられたボストン眼鏡。角張った部分がないため、かけると優しい印象に。輪郭が逆三角や四角な方と相性が良いと言われています。

 ちょっとメンズライクなボストンも、フレームが細いものを選べば女性の顔に馴染みやすく。

ちょっと個性派の「サーモント」

出典:www.ponmeganeweb.com

 サーモントとは、プラスチック生地とメタル生地が合わさったフレームを持つメガネのこと。上部のプラスチック部分が眉のように見えることから、「ブローフレーム」とも呼ばれています。

 サーモントは、メガネをかけることで顔の印象がぼやけやすい方におすすめ。下半分のフレームが細いため、目元をハッキリ見せる効果があります。


 レトロな雰囲気が逆に今っぽいクラシカルメガネ。一歩先のオシャレがしたいなら、ぜひ取り入れてみてくださいね。 

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する