1. 知る人ぞ知る究極の味。茶葉の良さだけ凝縮した「ボトリングティー」とは

知る人ぞ知る究極の味。茶葉の良さだけ凝縮した「ボトリングティー」とは

 世界各国から選ばれた最高の茶葉の良いところだけを凝縮した、究極のお茶「ボトリングティー」をご存知だろうか。ワインボトルに入れられ、1本数千円から高いものは十数万円もの値が張るそのお茶は、JAL国際線のファーストクラスでも提供されているという。

ワイングラスで楽しむ、甘く独特な心地良い香りと味

 丁寧にボトリングされたその姿は、ヴィンテージワインを彷彿とさせる高級感。世界中の銘茶を水出しで淹れたお茶は、苦味や渋味がほとんどない、甘く独特な心地良い香りと味わい。

 ボトリングティーはその魅力を存分に引き出すため、キリッと冷やしてワイングラスで嗜むのがスタイル。注いだ瞬間から薫る、うっとりするような上質な香りを楽しんでほしい。

お茶で乾杯。新たなスタイルの提案

 苦味や渋味がほとんどないボトリングティーは、和洋中の様々な料理にも良く合う。口の中に広がる華やかな香りは食材の持つ旨みを引き立たせ、アルコールのように味覚を鈍らせることもない。

 ボトリングティーは特別な食事の場にもふさわしい。料理の味を心から楽しむなら、お茶で乾杯する新たなスタイルもいいかもしれない。


 市販のお茶に比べれば高級であるものの1万円以下のものもあり、ちょっと贅沢したい時にピッタリ。究極のお茶「ボトリングティー」、ぜひ一度味わってみてほしい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する