1. 毎日使う文房具はピンとくる物を選びたい。とっておきの仕事道具に出会える4つの店

毎日使う文房具はピンとくる物を選びたい。とっておきの仕事道具に出会える4つの店

出典:www.flickr.com

 PCによる作業が多くなったとはいえ、ペンや手帳を頻繁に使う人は多いはず。デキるビジネスマンたるもの、毎日使う文房具はピンとくる物を選びたいとは思わないだろうか? ここでは、東京にあるとっておきの仕事道具に出会える4つの店を紹介したい。

男ゴコロをくすぐる品揃え「ペーパー・エアポート」(東北沢)

 東北沢に店を構える「ペーパー・エアポート」は、「男性向け文具」をコンセプトにした珍しいお店。

 高度な関数計算ができる電卓など、プロユース仕様の文具も取り揃えており、どこか男ゴコロをくすぐる品揃え。スーツスタイルに合うシンプルな文具もあるので、大人の男性はぜひ訪れてみてほしい。

ひとクセある文具がおもしろい「MoMA DESIGN STORE」(渋谷)

出典:www.momastore.jp

 世界中から最新の雑貨や小物が集まる、ニューヨーク近代美術館のミュージアムショップの東京進出店が渋谷にある「MoMA DESIGN STORE」。

 アーティスティックでひとクセある文房具が揃う店内は、あれこれ手に取るだけでもおもしろい。すべてMoMA学芸員がセレクトしているため、センスは折り紙付だ。

ボールペンと鉛筆の専門店「五十音」(銀座)

 文房具の中で使用する頻度が高い筆記具には、より一層のこだわりを持ってみてはどうだろうか。銀座にある「五十音」は、ボールペンと鉛筆の専門店。

 店内にはちょっと変わったボールペンや鉛筆が取り揃えられており、中にはアメリカやヨーロッパから仕入れたものも。一番使うものだからこそ、ぜひ愛着のある一本を。

旅の前には必ず立ち寄りたい文房具屋「旅屋」(中野)

 中野にある「旅屋」は、「旅を感じる文具雑貨店」というユニークなコンセプトの文具屋。店内には、「旅」の中にあるワンシーンを描きたくなる、記録したくなるような文房具がたくさん。

 出張で出かけることが多いビジネスマンにとっては、まるで仕事が旅のよう。出先の持ち物をぜひ旅屋で揃えてみては?


 様々なコンセプトがあり、いま自分が欲しいものを手に入れられそうな文具屋が数多くある。ぜひ毎日使う相棒は、こだわりを持って選んでみてほしい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する