1. 大人のバレンタインにおすすめ。ほろ苦い余韻に浸る「チョコビール」の魅力と秘密に迫る

大人のバレンタインにおすすめ。ほろ苦い余韻に浸る「チョコビール」の魅力と秘密に迫る

大人のバレンタインにおすすめ。ほろ苦い余韻に浸る「チョコビール」の魅力と秘密に迫る 1番目の画像
出典:amzn.to

 みなさんは、バレンタインギフトの注目株「チョコビール」を知っているだろうか。

 数年前から売り出され、ジワジワと知名度を向上させているチョコビールは、読んで字のごとく「チョコレート風味のビール」である。

 チョコビールという名前だが、実際にカカオやチョコレートは使われていない。

 今回は、バレンタインギフトにもおすすめの不思議なお酒「チョコビール」の魅力について紹介していく。

大人のバレンタインにおすすめ:「チョコビール」の魅力と秘密

 先に述べたように、チョコビールにはカカオやチョコレートなどは使われていない。

 ではどのようにして、「チョコレートの風味」を出しているのだろうか?

ビールなのに「チョコレート風味」がする秘密は“麦芽の焙煎温度”

大人のバレンタインにおすすめ。ほろ苦い余韻に浸る「チョコビール」の魅力と秘密に迫る 2番目の画像

 その秘密は“ビール原料である麦芽の焙煎温度”にある。

 通常使われるビール麦芽は約85℃で焙煎。麦芽の色もきつね色だ。

 それに対しチョコビールで使われる麦芽は160℃ほどの高温焙煎していく。焦げる直前のところまで焙煎し、コーヒー豆のようなこげ茶色の麦芽にするのだ。

 “チョコレート麦芽”ともいわれる高温焙煎された麦芽を原料として、チョコビールは作られる。

 麦芽の焦げた風味が、チョコレートの風味を引き出すのだ。

チョコビールの魅力はビターチョコのような「ほろ苦く芳醇な香りと味わい」

大人のバレンタインにおすすめ。ほろ苦い余韻に浸る「チョコビール」の魅力と秘密に迫る 3番目の画像
出典:amzn.to

 栓を開ければ薫る、ほろ苦く芳醇な香りはまるでビターチョコ。

 グラスに注ぐと黒ビールより少し明るいほんのり茶色がかった見た目、表面にはふわふわできめ細かやかな泡がたつ。

 口に入れると広がる芳ばしい苦味と深いコク。

 冷えた状態ではチョコレート感がありつつも後味スッキリ、少し温まった状態ではよりまろやかさが増すのも、チョコビールならではの魅力。

 ぜひ温度による味わいの違いも楽しんでほしい。

恋人と家デートで飲みたい、おすすめの「チョコビール」

「チョコビール4種4本 詰め合わせ」¥2,840(税込)

大人のバレンタインにおすすめ。ほろ苦い余韻に浸る「チョコビール」の魅力と秘密に迫る 4番目の画像
出典:amzn.to

 おすすめのチョコビールは、AmazonなどのECサイトでも購入できる4点セットになったチョコビールの詰め合わせ。

 4種のチョコビールは、全て製造方法や材料が異なる。一つひとつの味わいを飲み比べする楽しさがあるチョコビールセットなのだ。

 それぞれのチョコビールの特徴をチェックしてみよう。

おすすめのチョコビール①:「インペリアルチョコレートスタウト」

大人のバレンタインにおすすめ。ほろ苦い余韻に浸る「チョコビール」の魅力と秘密に迫る 5番目の画像
出典:amzn.to

 通常の黒ビールの2.5倍以上の材料を使用した、濃厚なビターチョコ風味のチョコビール「インペリアルチョコレートスタウト」。

 通常よりも多くの材料を使っているにも関わらず、1回の仕込みで作れる量は通常の半分だそうだ。

 そのため、80%などの高カカオなチョコレートを思わせる、しっかりとほろ苦さを感じる仕上がりになっている。

 9%というアルコール度数のため、ワインのように2年間熟成することが可能。熟成させて、ドライフルーツのような甘みを楽しむのもいいかもしれない。

おすすめのチョコビール②:「杏仁チョコレートスタウト」

大人のバレンタインにおすすめ。ほろ苦い余韻に浸る「チョコビール」の魅力と秘密に迫る 6番目の画像
出典:amzn.to

 あんずやアプリコットの身の種子である「杏仁」を使ったチョコビール「杏仁チョコレートスタウト」。

 杏仁豆腐の原料としてもお馴染みである「杏仁」をふんだんに使っているため、その飲み口はもっちりとしていて濃厚である。

 そこに乳糖を加えることで、よりミルキーな味わいへと昇華。ビターチョコをつまみに飲みたくなるチョコビールだ。

おすすめのチョコビール③:「オレンジチョコレートスタウト」

大人のバレンタインにおすすめ。ほろ苦い余韻に浸る「チョコビール」の魅力と秘密に迫る 7番目の画像
出典:amzn.to

 オレンジピールにチョコレートをかけたお菓子「ショコラ・オランジェ」を目指したチョコビール「オレンジチョコレートスタウト」。

 神奈川県産の橙オレンジを皮ごと刻んで長時間煮込む製造方法は、マーマレードジャムを作る過程と同じだ。

 オレンジの風味が凝縮したものに麦汁を混ぜるため、柑橘の皮の苦味が後を引くような味わいになっている。

 クリーミーなチーズと一緒に飲めば、デザート感覚でお酒が進んでしまうこと間違いなし。

おすすめのチョコビール④:「スイートバニラスタウト」

大人のバレンタインにおすすめ。ほろ苦い余韻に浸る「チョコビール」の魅力と秘密に迫る 8番目の画像
出典:amzn.to

 ビールが苦手という人にもぜひ試してもらいたいチョコビールが「スイートバニラスタウト」。

 エスプレッソのように芳醇な黒ビールだが、一流パティシエも使用するパプアニューギニア産のAグレードバニラを使用することで、甘くやさしい香りを纏った仕上がりに。

 甘くてまったりとした飲み口であるため、ビールが苦手という人でも飲みやすいチョコビールになっている。

 バニラチョコのような後味が残るため、チョコビール単体で飲むのがおすすめ。

 バニラアイスなどと一緒に飲めば、バニラの風味を損なうことなくアイスの冷たさで調和のとれたマリアージュを愉しめる。

チョコビールのお供にはチョコレートを添えて

大人のバレンタインにおすすめ。ほろ苦い余韻に浸る「チョコビール」の魅力と秘密に迫る 9番目の画像
出典:amzn.to

美味しくチョコビールを味わうポイントは「チョコビールの風味に近い」お供を選ぶこと

 チョコビールのお供には、やはりチョコレートを。

 美味しく味わえる組み合わせは、チョコビールの風味に近いチョコレートを選ぶことだ

 重厚で深い苦味のチョコビールには、風味の強い生チョコやビターチョコを。オレンジ風味のチョコビールには、オレンジ風味のチョコを。

 スイートな甘みがあるチョコビールには、マイルドなホワイトチョコが良く合う。杏仁を原料としたチョコビールであれば、ドライアプリコットを使ったチョコレートがおすすめだ。

 それぞれの良さを引き立てて、デザート感覚でビールを楽しめるだろう。



 甘いものが苦手という男性にも嬉しい「チョコビール」は、バレンタインデーの贈り物にぴったり。

 ぜひ今年のバレンタインデーには、「チョコビール」を贈ってみてはいかがだろうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する