1. シンプルなデザインに優れた機能性! 「吉田カバン」がビジネスマンから支持されるワケ

シンプルなデザインに優れた機能性! 「吉田カバン」がビジネスマンから支持されるワケ


出典:www.yoshidakaban.com

 誰もが一度は「吉田カバン」を目にしたことがあるのではないだろうか。吉田カバンは、「一針入魂」をコンセプトに掲げ、一点一点の鞄が職人の手によって制作される。多くの製造業者が海外に拠点を移す中、吉田カバンはあくまでも「国内生産」にこだわり、良質な鞄をユーザーに提供し続けている。

吉田カバンとは?

出典:www.yoshidakaban.com

 吉田カバンは、人気ブランドのPORTERやLUGGAGE LABELなどを束ねている日本の鞄メーカー。ビジネス用鞄を中心に国内で人気のこのブランドは、1935年に東京・神田須田町に吉田カバンの前身となる「吉田鞄製作所」が設立されてから、2010年には創業75周年を迎えた。創業者の三男、吉田克幸が日本人初となる「NYデザイナーズ・コレクティブ」に選出されたことによって「吉田カバン」の名は世界中に知れ渡り、ブランド力を強化することに成功。

ビジネスマンが吉田カバンを支持する理由

出典:item.rakuten.co.jp

「質」にこだわる姿勢

 現在日本に流通している鞄は、中国などの海外で製造されたものがほとんど。しかし吉田カバンはあくまでも国内での生産にこだわり、全国の鞄職人と契約を結び、1点1点手作りする姿勢を貫いている。「量」ではなく「質」にこだわる姿勢がビジネスマンのハートを捉えているようだ。

職人ひとりひとりの想いが鞄に

 吉田カバンが国内生産にこだわる理由は、良質な鞄を作るためだけではない。そこには、日本の職人や伝統を守りたいという想いが込められている。

 創業者である吉田吉蔵の、職人に対しての気遣いは人一倍。ファッション関係者に贈られる「ミモザ賞」を受賞したときも、受賞者欄に職人の名前を入れるほどの徹底ぶりだ。先代の「絶対に職人を絶やしてはいけない」という言葉を受け継いだ吉田カバンは、現在も尚、MADEinJAPANを貫いている。そんな「真剣さ」も、ビジネスマンから愛される理由の一つ。

 吉田カバンの商品は、原則的に値下げされないことをご存知だろうか? これも魂をこめてカバンを作る職人へのリスペクト精神の表れである。



 より良質な製品を提供しようとする吉田カバンの「一針入魂」の精神に、世のビジネスマンはすっかり魅了されているようだ。ブランドの信念を貫く吉田カバンは、これからも多くのユーザーに愛され続けていくだろう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する