1. 弱さこそ、本当の強さかもしれない。ビジネスの成功は「弱い絆」が生み出す

弱さこそ、本当の強さかもしれない。ビジネスの成功は「弱い絆」が生み出す

  • 11579views
  • 1fav


 我々は日々、仕事仲間や家族など、身近な人々と「強い絆」で結ばれている。強い絆があれば、お互いに助け合ったり支え合ったりして、困難を乗り越えていくことも可能だ。

 しかし、ビジネスの世界では、必ずしも強い絆が良いというわけではないようだ。それどころかむしろ、「弱い絆」の方が有益な人間関係をもたらしてくれるかもしれない。

有益な情報は弱い絆でこそもたらされる?

 弱い絆、「ウィークタイズ」は1973年にスタンフォード大学のマーク・グラノヴェッターが論文の中で書いた理論。毎日顔を合わせるくらい強い絆でつながる人間関係よりも、適度に顔を合わせる程度の人間関係の方が有益な情報をもたらしてくれるというものだ。実際、転職する時に役に立ったつてを調査したところ、84%の人が「稀にしか顔を合わせない人の方が有益な情報をくれた」と答えている。
 
 日本では仕事以外の時間も仕事の関係に縛られることがしばしばある。このような絆のことをストロングタイズと呼ぶ。ストロングタイズでは、狭い人間関係しか築けない。

 ストロングタイズは確かに安心感を与えてくれる。しかし、真のビジネスチャンスは信頼によって繋がれた、ウィークタイズによってもたらされることが多いのもまた確かなことなのだ。

ウィークタイズで有益な人間関係を築ける

 では、なぜウィークタイズの方が有益な人間関係を築けるのだろうか? 

異なる視点を取り入れ、問題解決を促す

 現代社会における複雑化した問題を解決していくには、様々な情報を取り入れながらより多くの視点からアプローチしていく必要がある。ウィークタイズの人間関係で異なる環境、異なる考えを持つ人がいれば、自分と異なる人の視点を知ることが出来、異なる視点からのアプローチが容易になるのだ。

気軽に相談できる

 また、身近な人には相談しにくいことも、ウィークタイズの関係であれば気軽に相談できることも。変に気負うこともなく相談し、異なる価値観に触れることが、解決の糸口ともなりうるのだ。

 例えば、転職を考えた時、あなたは誰に相談するだろうか? 会社の上司や友人、家族といった人も多いだろう。しかし、身近な人に相談してもあまり上手くいかないことも多い。なぜなら、自分と似た世界で生きているため、そう変わった意見をもらえることは少ないからだ。そんな時こそ、普段会わない友人に相談してみると、思わぬ発見があったりして、転職への見方が変わるかもしれない。

これからのビジネスはウィークタイズが鍵

 物やサービスが溢れている現代において、ビジネスの成功の鍵を握っているのは、新たな視点からのアプローチ。そのためには、異なる環境や考えを取り入れやすい、ウィークタイズの人間関係が必要不可欠となる。

 例えば近年、企業や大学、研究機関などが協力して1つのものを作り上げるオープンイノベーションが積極的に行われている。これは「企業」というストロングタイズな枠に留まらず、別の価値観を持つ大学や研究機関とのウィークタイズを利用して生まれるものである。実際出来上がるものは企業だけで作り上げるものより、数段良いものになる場合がほとんどだ。

 ウィークタイズを作るには、会社や家庭以外に自分の居場所を作ること。趣味のサークルや地域活動、異業種交流などでウィークタイズは形成されていくものだ。


 こういったウィークタイズの関係性は、SNSなどで弱い絆が作られやすくなった現代において、より重要な役割を果たしていくだろう。今まで強い絆しか築いてこなかった人は、弱い絆を築くための努力をしてみては? 自分の見えている世界が一気に変わるかもしれない。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する