1. 社会福祉の国フィンランドの育児支援サービス「ネウボラ」 誰もが憧れる子育て環境がそこにはあった

社会福祉の国フィンランドの育児支援サービス「ネウボラ」 誰もが憧れる子育て環境がそこにはあった


 少子化が止まらない日本。今日、日本の子どもの数は減少傾向にあり、その理由として精神的、経済的な負担が大きいことが挙げられる。

 そんな中フィンランドで実施されている、夫婦が安心して出産や育児に専念出来るよう支援するサービス「ネウボラ」に国内外が注目をしているらしい。では、このネウボラとはどのようなサービスなのだろうか?

ネウボラとは......?

 ネウボラはフィンランドの行政が行う妊娠から出産、その後の育児までを支援してくれる社会福祉サービス。

 妊娠が発覚した時から6歳まで、子育てに関する様々な支援を受けられる。フィンランドの女性は「妊娠したかもしれない」と思ったら、病院よりも先に、自分の地域のネウボラに行くのだとか。

子育ての精神面まで支援

 ネウボラでは主に、親になる心構えや妊娠中の注意点など、精神的な部分の相談に乗ってくれる。日本ではこのような心構えは女性ばかりが背負いがちだが、父親になる男性にもきちんと指導。子育てにおける、円満な夫婦関係までサポートしてくれる。

 さらに、出産が終わったら、おむつや下着、赤ちゃん用の服などを詰め込んだお祝いボックスが無償で提供される。このように、妊娠から出産まで手厚いサービスが受けれるのだ。


 三重県でネウボラを参考にした取り組みが構想されるなど、日本でも子どもを生みやすい、育てやすい環境づくりが動き始めている。こうしたサービスが日本各地で増えれば、安心して子どもを産める社会が実現することが期待出来るのではないだろうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する