1. 女性の嬉しいが詰まってる。綺麗をつくる万能薬「酒粕」の使い方

女性の嬉しいが詰まってる。綺麗をつくる万能薬「酒粕」の使い方

出典:marukome.co.jp

 美意識の高い女性を中心に注目を集めている「酒粕」。「酒粕」とは日本酒を絞ったあとに残る白い固形物のことで、食物繊維やビタミン、アミノ酸などが豊富。女性の嬉しいが詰まっている、まさに綺麗を作る万能薬だ。そんな「酒粕」の使い方をここでは紹介する。

カラダの中から綺麗になる「酒粕を食べる」

出典:kadoman-kometen.jp

 栄養満点な酒粕は、何より食べるのが一番。豊富な食物繊維が腸内環境を整え、消費や吸収を促すため、ダイエットや便秘解消に効果的。軽く含まれるアルコールが身体の内側を温めて冷え性を改善、美肌づくりに役立つ。

 酒粕を簡単に味わうには、甘酒がおすすめ。酒粕をお湯で溶かし、豆乳、蜂蜜、生姜のすりおろしと混ぜれば出来上がり。濃厚な味わいと酒粕の香りがある甘酒は、アルコールも飛んでるので朝食にもぴったり。毎朝一杯の健康習慣にどうぞ。

天然の美容成分を肌に「酒粕を塗る」

 天然の美容成分たっぷりの酒粕は、肌にそのまま塗っても安心。シミ・ソバカスや気になる小じわ、乾燥肌などに効果があり、肌にハリと潤いが生まれる。

 酒粕と精製水を混ぜるだけの酒粕パックは、手軽なのに効果的。顔に馴染ませてしばらく置き、洗い流せば違いがハッキリとわかるほど肌が明るく元気に。


 食べて良し、塗って良しの綺麗をつくる万能薬「酒粕」は、美を追い求める女性にぴったり。身体の中からも外からも綺麗になる「酒粕」、ぜひ試してほしい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する