1. やる気を出すのが難しい社会人の資格勉強。モチベーションを高く保つ3つの方法

やる気を出すのが難しい社会人の資格勉強。モチベーションを高く保つ3つの方法

by faungg's photo

 社会人になってからの資格勉強はなかなか難しいと言えるでしょう。やる気が出ないという悩みや、時間が足りないという悩みも多く見受けられます。それでは、資格勉強をする社会人がやる気を出すためにはどのようにすればいいのでしょうか? ここでは、資格勉強をするときにやる気を引き出す方法を紹介します。

場所や時間を決める

 やる気を出すためには、自分自身を「資格勉強モード」へと変化させることが必要です。では、自分を資格勉強をする状態に持っていくためには、勉強する場所と時間を決めることが重要になります。条件を付けることで、自分をすぐに資格勉強に集中させ、やる気を高めることができるでしょう。

成長を実感する

 短期的、あるいは中期的にやる気を維持する上で大事になってくることとして、成長を実感することが挙げられます。そのためには、資格勉強をするとき、大きな目標だけでなく、その前に簡単な資格を取得するなどの施策を取ることが必要です。例えば、英検や漢検は級が低いものを、TOEICでは低い点数を最初の目標とすることで、成長を実感しなが資格勉強ができるでしょう。

ノルマと計画を先に決めておく

 ノルマや計画は、ある意味拘束力と与え、やる気を与えてくれる道具になるでしょう。先にノルマと計画を決め、その目標に対して今日の勉強はどうであったかを毎日チェックするクセを付けましょう。こうすることで、毎日の資格勉強に緊張感が生まれ、やる気も生まれてくるでしょう。


 社会人の資格勉強はなかなかやる気を維持するのが難しいです。しかし、上記の方法を駆使し、自分の目を資格勉強の方向へ向けさせることができれば、途中で挫折することなく資格を取得することができるのではないでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する