1. スムーズな進行が議論の活性化を生む! 基本事項として押さえておきたい会議の進め方

スムーズな進行が議論の活性化を生む! 基本事項として押さえておきたい会議の進め方

by Baltic Development Forum

 会議を進めるとき、適当に議論を決め、周りの議論に合わせているだけでは、決定すべきことも決まらなく、全体としての仕事が効率よく回らないことに繋がってしまいます。会議をするときは、予め進め方を知り、スムーズな議論ができるようにしましょう。ここでは、基本事項であり、それでいて重要な会議の進め方を紹介します。

重要な役割・アジェンダの確認

 まず、会議が開始してから始めに行うべきなのは、会議での役割と、議題や進行の仕方を確認することです。会議では、だれが発表するのか、そして、何についての議論なのかを先にはっきりさせた方がいいでしょう。そうすることで、前もって何を議論するのかを明確にすることができるでしょう。

会議中は議論が横道に逸れないように確認をする

 会議をしていると、段々と議論が本来の議題と異なっていく場合があります。それらの議論によって何かメリットがあれば良いのですが、ないと判断した場合は、今一度会議で話すべきないようを確認し、議論が逸れないようなコントロールをすることも重要になります。議題は事あるごとに確認し、なるべくスマートな会議を行うようにしましょう。

議論を良い形で終わらせるために結論をまとめる

 会議で決定した事項は仕事ですぐに実行に移される場合も多いです。そのため、議論が多岐に渡った場合は、議論を最後にまとめ、何を実行すべきなのかを明確にすることが重要になります。会議の最後では、何が決まったのかを振り返り、それでいいのかもう一度承認を取る形が良いでしょう。


 会議は、会社でもコミュニケーションという意味で重要ですし、今後の動きを決める重要なものです。基本的な進行の仕方を学び、会議をスムーズに行えるような努力をすることが大切ですね。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する