1. 「やりたい仕事は『降って』こない」ーー 組織活性化のプロが語るキャリア形成の方法とは

「やりたい仕事は『降って』こない」ーー 組織活性化のプロが語るキャリア形成の方法とは


 組織に属しながら、起業家のように働く「イントレプレナー」。興味を持っている人も多いと思うが、どうやってなるのかはなかなか分からないはず。そんなイントレプレナーについて、実践者も交えて語ったイベント「TWDWサラリーマンの逆襲」が、11月22日に開催された。

 第3回のテーマは、「やりたい仕事を社内でどうやってやるか」。希望の仕事があるなら、やはり自分から動かなければならない。では、どうすれば要望を通せるのか? 説得のコツ、そしてやり続けるコツを高橋氏と小杉氏が語った。

前回までの記事はこちら


登壇者

THS経営組織研究所代表社員 慶應義塾大学SFC研究所上席所員 小杉俊哉氏
オイシックス株式会社 執行役員 海外事業部長 高橋大就氏
野村不動産株式会社 新宿360°大学 刈内一博氏

モデレーター

株式会社パソナテック ハッカソン芸人 羽渕彰博氏

見出し一覧

・キャリアは降ってこない
・「今の仕事が嫌だから」では希望を通せない

キャリアは降ってこない


羽渕:もっと稼げるんだったら社内を飛び出してやりましょうということと、最初から価値を出せるかっていうと難しいので、外部の人たちを巻き込もうということですが、これは刈内さんいかがですか? 実際に実践されている中で。

刈内:おっしゃっていることはもっともなんですけど、実際にやるのは難しいんじゃないかなっていうのが正直なところです。小杉さん、どこまでサラリーマンのことをわかっているのかなっていう感じですね(笑)。

羽渕:私も、社内で提案してもなかなか通らないっていう経験があったですけど、誰に提案するのかもすごく大事かなと思っている。その辺は小杉さんはいかがでしょうか?

小杉:だいたい直属の上司に言っても駄目ですね。

羽渕:そうですよね。駄目でした。

小杉:駄目ですよね。ただやらなくちゃいけないことをやらせるのが上司です。

羽渕:遊んでると思われるんですよ。

小杉:なので、他部署の心ありそうな人。それは会議の場だとか、自分でことあるごとに言って回るということです。そうすると、面白がって声かけてくれる人は出てくる。そういうパターンは多いですね。

羽渕:刈内さんは誰に提案されたんですか?

刈内:僕は、広報部や人事部、総務部やCSRなどのスタッフ部門によく提案しています。部署には部署のミッションがあるじゃないですか。当然、小杉さんがおっしゃったように、「よそ事やってる暇があったら、所属部署の仕事をもっと頑張ってくれ」となる訳で。

 ただ、特に総合職であれば、セクショナリズムに囚われず、会社全体の価値を高める取り組みにチャレンジすることも大切だと思います。各部署に所属する社員が、もっと横断的に活動して、企業の価値を高めようとした方が、各部署にシナジーも生まれ、より会社に貢献できると思います。

 あと、所属部署で理解され難い取り組みは、他の部署へ提案すると、意外と出来ちゃったりするんじゃないかなと思います。また、大企業病に悩む会社側も、部署を跨いで横断的な動きができる人材を求めていると感じます。

「今の仕事が嫌だから」では希望を通せない

羽渕:ありがとうございます。大就さんもNPOをされていらっしゃいますが、社内的な評価としてはどうなんですか?もっと本業やってくれよとか、それともNPOをすることで社内的にもメリットがあるのか。その辺いかがですか?

高橋:私は両方本業だと思っているので。事業の方でなかなかうまくいかないで「こっちの時間を減らせば」って言われても、「俺は会社に言われてやってないから」って言って辞めないんですけれども、そういう辛さはあります。

 例えばパラレルキャリアで言うと、やるからには覚悟はいると思う。自分の時間はかなり犠牲にしますし、本業っていう言い方はあれですけれども、事業の方で結果を出さないと、バランスが悪いんじゃないかって言われてしまう。やるからには両方成功させる覚悟が必要だと思います。

羽渕:両方とも食に関わるところだと思うんですけれども、NPOとか社団法人で活かしたものを本業で活かすことってあるんですか?

高橋:シナジーは本来的にはあります。ちょっと難しいところはあって、シナジーがある部分と、影響を与えちゃいけない部分とが僕の場合はあったんです。今はだいぶ状況も変わってきたので、シナジーも出せるようになってきました。「東の食の会」が開発した商品をオイシックスで販売しています。

小杉「自分の仕事じゃないんだけど、会社としてこれはやるべきだ」って話は結構通りやすいんですよ。なぜなら、会社の上の人たちが「確かにそうだな」って思ってくれるから。それを「私にやらてほしい」っていうと、結構できる。単純に「個人的な興味や、今の仕事が嫌だからこういう部署・職種に異動したい」だと通らないわけです。

羽渕:自分本位ですもんね。

高橋:他の部署も会社のリソースだと思うんですね。自分の仕事だけが会社じゃなくて、他の部署のやっている考え方も全部リソースだと思うと、いろんなことができるんじゃないか。

小杉:あと、自分のやるべきことは、とにかくやってしまわないと駄目なんだと思うんですよ。その上で一歩踏み出すっていうのが必要だと思います。一見大変そうなんだけど、やりたいことがあると、自分の今の仕事って効率的に出来るようになるんですよね。

 これを終わらせて早くやろうと思うと、何とか片付けるようになるはず。たとえば、子育てしている人はすごく仕事の効率いいんですよね。毎日4時半に帰らなきゃいけないから、仕事を7~8時までやる人より同じだけの仕事量を早くやっちゃう。

羽渕:確かにそうですね。私も、イントレプレナーカンファレンスで伺ったのは、会社の企業理念とか経営理念みたいなところと絡めて提案すればNoと言えないということ。そこも1つポイントだったのかなと思います。(続く)

次の記事:「会社に求められなくても大丈夫。まずは1人でやってみる」――社内で自由に働くための5つの心得(近日公開)

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する