1. 「どこで働くかは関係ない」ーー パラレルキャリアの時代に求められるたった1つの役割

「どこで働くかは関係ない」ーー パラレルキャリアの時代に求められるたった1つの役割


 組織に属しながら、起業家のように働く「イントレプレナー」。興味を持っている人も多いと思うが、どうやってなるのかはなかなか分からないはず。そんなイントレプレナーについて、実践者も交えて語ったイベント「TWDWサラリーマンの逆襲」が、11月22日に開催された。

 まずは株式会社オイシックスの海外事業部長を務めながら、一般社団法人「東の食の会」の事務局代表としても活躍する高橋大就氏が、現代の労働で一番大切なことを語ってくれた。

登壇者

THS経営組織研究所代表社員 慶應義塾大学SFC研究所上席所員 小杉俊哉氏
オイシックス株式会社 執行役員 海外事業部長 高橋大就氏
野村不動産株式会社 新宿360°大学 刈内一博氏

モデレーター

株式会社パソナテック ハッカソン芸人 羽渕彰博氏

見出し一覧

・どこで働くかはどうでもいい
・会社を辞めなくても「サラリーマンの逆襲」はできる
・「東北がヤバい」と思ってマッキンゼーを辞めた

どこで働くかはどうでもいい

羽渕:では、第一部のテーマ、新しい働き方ということですが、そもそもどういう選択肢があるのでしょうか。いろいろな働き方を経験された高橋大就さんからご説明頂きます。大就さん、お願いします。


高橋:それではお願いします。いろんな分け方があると思うんですけれども、まず組織で働くのか、個人で働くのか。組織で働くのなら、非営利なのか営利なのかでも分かれます。非営利でいうと、官公庁やパブリックセクター、NPOという選択肢もある。

 営利の方で言うと、これはいろんな切り方があると思いますけど、直接事業を自分たちでやる組織と、コンサルティングなどの専門ファームっていう分け方があるかと。事業会社は規模でベンチャー、スタートアップから大企業というふうに分けてみました。


 ここに新しい働き方をマッピングをしてみると、こんな感じになる。もともと伝統的にあるのがアントレプレナー、ベンチャー。自分でやるっていうやつですね。そこに最近は、社会問題の解決のために自分で組織を立ち上げる社会起業家っていうのが注目されています。

 あとは個人でやるフリーランス、ノマドのように自分のスキルで組織に属さず自由にやる方も出てきています。

 今日フォーカスするのは、大企業の中のイントレプレナー。企業の中でリーダーシップを発揮して社会問題を解決していく新しい働き方です。こ大企業をやりながら週末にNPOをやるというパラレルキャリアという人も増えています。

 私で言うと、オイシックスには上場前に入ったのですが、今は上場して少し大企業寄りになってきています。そこにいながらNPOも運営するという、パラレルキャリアになります。

 あとは、多分いろんな働き方があって。マッキンゼーの同期にすごいやつがいます。そいつはもともと医師免許を取った後にマッキンゼーに入ったんですけれども、今はファンドにいて、週末は医者をやってる。ファンドと医者のパラレルキャリア。

 そんなこともできてしまう時代になってきている。どんどん自由になっていくんだと思います。もう既成概念にとらわれる必要がなくなっていて、特にスキルがある人であればあるほど、自分でスキルを切り売りしていくことができる

 オイシックスも兼業を認めました。私も公式にNPOをやっていいことになっていますし、自分で会社をやってる人を採用することも増えています。これはもう止められない、不可逆的な流れだと思います。

会社を辞めなくても「サラリーマンの逆襲」はできる

高橋:次行きましょうか。それで、結局何が重要なのか。私は、どの組織で働くかっていうことよりも、やるのかやらないのかが重要だと思うんですよ。

 別にどの組織、どんな形態だろうと、具体的にアクションを起こすのか起こさないのかが、一番重要な違い。縦の分類っていうのがそこまで重要じゃなくなってきてるんじゃないかな。いきなり引っ繰り返してすみません。


羽渕:いろんな働き方を選ぼうと言ってるのに、前半で崩すっていう。

高橋より重要なのは、組織と関係なく、やるか、やらないか。分類すると、やる人とやらない人に分かれて、やらない人が、評論する人と傍観者に分かれる。

 東北で震災直後にNPOを立ち上げていろんな活動をやっていますが、本当にいろんなパターンがあるんですね。政府の人もいるし、NPOを自分で立ち上げた人もいるし、起業している人もいるし、大企業の中で東北に入ってる人もいるし、コンサルの人もいる。

 その中で一緒にやれる人って、枠は関係なくて、その人がやるかやらないかでしかない。今は一緒にやる人たちと行動を起こしているっていう感じです。

 だから、やるかどうかが重要で、評論家とかはソーシャルとかでいっぱい増えている。我々も東北の食とかやってると、いろいろ叩かれますけど、ここばっかり増えるんです。アクションする人ってまだまだ限られていて、そこが今後、より重要になっていく。私の新しい働き方もそこがカギなんじゃないかな。

 もう少し細かく言うと、やる人、実践者の中にもリーダーとフォロワーがいると思うんですね。自分で旗を立ててやっていく人と、誰かの立てた旗に共鳴してやっていく人。これは両方重要だと思うんです。

 全員がリーダーである必要はないと思うんですけど、とにかく重要なのは、能動的に、自分からアクションを起こしていくことだと思ってまして。今日のテーマ、「サラリーマンの逆襲」は会社の中でも全然出来ると思ってるんですね。

 会社の中でリーダーシップを発揮してアクションを起こすやり方は、すごくいいなと。私が言いたかったのは、今までは会社とか上司に「仕える」ものだったけれど、リーダーシップを発揮して、「使える」ものにしていくということ。会社は社会問題の解決のために「使える」ものだと思っています。

 自分の問題意識、社会問題といったミッションを達成するために、会社のリソースはどんどん使っていける。誰かに仕えるんじゃなくて、それを使って問題を解決していくんだっていうことが新しい働き方なんじゃないかな。

「東北がヤバい」と思ってマッキンゼーを辞めた


羽渕:ありがとうございます。組織の縦の働き方って言うよりは、横軸の実践者かどうかというところがすごく大事だというところで。

 ただ高橋さん、常に実践者であり続けながら、いろんな働き方をしていったと思うんですけれども、そこにビジョンの変化とかは無かったのでしょうか。ちょっとご説明頂いてもいいでしょうか。

高橋:そうですね。自分の話を忘れました。私はまず外務省にいたんですけれども、その時は北朝鮮のミサイルが怖くて、それが一番の問題意識だったんです。それをどうにかしないといかんと思って。それで外務省に入ったのが最初ですね。

 ただ、9年ぐらい外務省でやってたんですけれども、そのうちに日本がどんどん地盤沈下していって、問題意識が経済の方に移っていった。北朝鮮がミサイル打ってくる、中国が攻めてくるっていうよりも、日本の経済が自壊していく方が早い。すぐそこにある脅威だなと思ったんですね。

 そうすると、外務省でいいのかなと思い始めて、稼げる人にならなきゃと考えました。なので、まずはプロフェッショナルファームのマッキンゼーに移りました。将来的に農業の輸出なんかをやっていこうとかなと思っていて。

 そこで3年ぐらいやっていたところで地震が起きまして、そこで完全にプライオリティーが変わって、すぐ休職して東北に行って、NPOで働きました。その後、オイシックス社長の高島とか、ETIC.の宮城さんと一緒に「東の食の会」を作りました。

 ただ、よく考えたらマッキンゼーを辞めていて収入がないことに気付いて。でも、東北は捨てられないなという時に髙島と話をして、「オイシックスの海外事業をやらないか」と言われました。

 そこで、「両方やれるなら」ということで、パラレルの条件でオイシックスに入った。まさに、問題意識とともに働き方を変えてきている感じです。

羽渕:ありがとうございます。もっと稼げるんだったら、社内を飛び出してやりましょうって話ですね。(続く)

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する