1. あなたも当てはまっていませんか? 会話が続かない人に共通する特徴

あなたも当てはまっていませんか? 会話が続かない人に共通する特徴

by Waag Society

 ビジネスシーンでコミュニケーションを取るとき、なんとなく会話が続かないという悩みを持つ方は多いのではないでしょうか。会話が続かない人には何かしらの原因があるかもしれません。ここでは、会話が続かない人が持つ共通の特徴と、解決法を紹介します。

会話に必要な準備をしていない

 会話をするとき、何気なく雑談から入って会話すればいいと思っている人が多いと思います。しかし、会話をするときには、事前の準備が重要になるのです。営業マンであれば、商品の事前知識や、会社の基本的な事項は頭に入っていなければなりませんし、取引先の方と会話する時は、事前にどのような会話をするのか、その人の情報などから判断する必要があります。会話が続かない場合、事前に相手とどのような話をするのかをある程度決めてから臨むようにしましょう。

相手のことを理解しようとしない

 人の話をきちんと聞いていなかったり、話を一方的に進めようとするのが、このタイプです。話を聞いたつもりでいても、リアクションがきちんと取れていなかったり、会話の内容を覚えていないようではいけません。会話は言葉のキャッチボールです。相手のことを理解し、それに答える形で話かけるようにしましょう。まずは、相手の話を良く聞き、理解することをしてみましょう。



 ビジネスシーンで会話が続かない人に共通しているのは、上記2点なのではと思います。事前にしっかりと準備し、相手の話を良く聞くことで自然と会話を続けることができるでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する