1. 肩こりはオフィスの難敵! 簡単にできる肩こり解消法で集中して仕事ができる環境を

肩こりはオフィスの難敵! 簡単にできる肩こり解消法で集中して仕事ができる環境を

by supervillain

 デスクワークなどで長い間同じ体勢が続いてしまうと、肩こりがひどくなってしまうことがありますよね。肩こりによって仕事に集中できないということも。肩こりにならないような対策をすることが重要なのではないでしょうか。ここでは、簡単な肩こりの解消法をご紹介します。

椅子の高さを自分に合ったものに調整する

 机と椅子の高さが合っていないと、肩こりの原因となってしまいます。首を下に向けた体勢が続くと、頭の重さを肩で支えるため、肩こりが起きてしまうのです。自然な体勢で仕事ができるように椅子の高さを調整しましょう。画面をなるべく自分の目線に近づけることで、首の負担を少なくすることができ、肩こりも解消するでしょう。

休憩中に目の運動をする

 肩こりの原因の一因として考えられるのは目の疲労です。目が疲れると、目と肩の筋肉が繋がっていることもあり、肩が凝ってしまうのです。目の休憩のためにも、休憩中は目の運動をするようにしましょう。一点に集中していた目を動かし、遠くを見ることで、目の筋肉をストレッチすることができます。

肩を動かすような体操をする

 肩の筋肉を直接動かすことによって肩こりを解消する方法もあります。肩をぐるぐる回したり、肩甲骨を動かすことで肩の筋肉のこわばりが取れ、肩こりが解消するでしょう。肩の筋肉を鍛えることで、肩こりになりにくくなります。ストレッチや肩を動かすことで、段々と肩こりになりにくい筋肉を作ることができるでしょう。

 

 ここでは、オフィスでもできる簡単な肩こり解消法を紹介しました。ずっと同じ体勢をすることは肩に大きな負担をかけることになります。肩や目を運動させ、なるべく負担のかからない体勢で仕事をして、肩こりを解消しましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する