1. 乾燥の季節、パックリ唇どうにかしたい! いますぐ見直すNGリップケア

乾燥の季節、パックリ唇どうにかしたい! いますぐ見直すNGリップケア

出典:www.flickr.com

 リップクリームを塗り、ケアをしてるつもりでも荒れる唇。とくに乾燥が気になるこれからの季節は唇の皮が剥けたり、パックリ割れたりすることも。

 いつまでも治らないその唇の原因は、もしかしたらあなたの何気ない習慣にあるのかもしれない。いますぐ見直したいNGリップケアを見ていこう。

荒れた唇にリップクリームは、ときに逆効果

 皮が剥けた、もしくは割れた唇にリップクリームを塗れば、保湿されて治りが早くなると思っている人は多いはず。しかし、それは逆効果になることも。一般的なリップクリームは唇が荒れるのを「予防」するものであり、「治癒」を促すものではないのだ。

 荒れた唇には、治癒を目的とした医薬品のリップクリームを。少々値段は張るが、有効成分もあるため効果は高いとのこと。

乾燥した唇、舐めるのはNG

 乾燥した唇に水分を加えて潤そうと舐めるその行為、実はかえって乾燥を促している。舐めた瞬間は潤うが、水分が蒸発するとともに元々あった水分も奪い取られさらに悪化。

 唇の潤いを保つには、マスクが効果的。適度に湿った状態となり、唇への負担をやわらげることができる。

おしぼりで顔を拭く行為、実は危険

 食事の席にておしぼりで顔を拭く人がいますが、実は危険な行為。おしぼりには殺菌・消毒のための塩素が使用されていることが多くあり、肌へのダメージが大きい。

 もちろん唇も、乾燥を促されることに。顔を拭くとさっぱりするが、唇には良くないということを覚えておいてもらいたい。


 唇がいつまでもガサガサ荒れている理由は、もしかしたらあなたの普段何気ない行為にの中にあるかも。唇にダメージを与えず、リップクリームなどでしっかりとケアすることが大切だ。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する