1. あなたも実は、ぼったくられてる? ホリエモンがアプリ開発の外注で失敗しない方法を教えます!

あなたも実は、ぼったくられてる? ホリエモンがアプリ開発の外注で失敗しない方法を教えます!


 ホリエモンこと堀江貴文が、自身のメルマガに寄せられた質問に答えるYouTube番組「ホリエモンチャンネル」。今回の放送では「ぼったくられない方法」と題し、ホリエモンがアプリ開発の外注について注意を促します。

 「クラウドワークス」や「ランサーズ」といったクラウドソーシングサービスが普及したことで、より手軽にアプリ開発を依頼できるようになりました。そんな中、どういったことに注意するべきなのでしょうか?

まずは自分でプログラミングの知識を身につけなよ 

 堀江貴文のQ&A vol.414〜ボラれない方法!?〜」で取り上げた質問は、「雑誌のライターですが、アプリを作って雑誌のようなコンテンツを作っていきたいと思っています。しかし、私はプログラミングが全く出来ないので外注しようと考えているのですが、外注先が見つかりません。ネット検索や人づてに探していく以外、方法はないでしょうか?」というもの。

 この質問に対してホリエモンは、「そんなもん自分で作るのが一番いいに決まっている。ライターだろうと何だろうと、プログラミングは覚えておいて損はない。無知の状態で探すから大変なだけで、ある程度プログラミングを理解した状態なら探すのは楽だと思うよ。もし、プログラミングを覚える気が無いなら、他でたくさん稼いで、ぼったくられるのを覚悟して外注すればいいんじゃないの」と回答。

 何事も、まずは自分でやってみることが重要。自分で経験することで、外注する金額の相場観も分かるようになり、外注で失敗することも少なくなるとのこと。

会社名やブランドに左右されてはいけない

 またホリエモンは、「ハードウェアでもソフトウェアでも仕様通りにあがってこないことがほとんど。ぼったくられることは多くある」と語ります。だからこそ、自分である程度のプログラミング知識を身につけておくことが大切になるのです。

 今回のゲストである「DMM.make AKIBA」の支配人である吉田賢造氏は、「ぼったくられた人に経験談を聞くのも良いかも」と語ります。吉田氏自身もぼったくられた経験があるそうで、その経験から「会社名やブランドに左右されてはいけない」という教訓を得たそう。

 その意見にホリエモンも、「有名な会社は大体、下請けに出しているから依頼しないようにしている」と賛同。「有名な会社でそれなりの金額を出したから問題ない」という考えは捨てた方が良いかもしれませんね。

 「堀江貴文のQ&A vol.414〜ボラれない方法!?〜」では、ホリエモンがアプリ開発の外注でぼったくられない方法を語ります。今後、アプリ開発を外注しようとしている方、見ておいて損はない回だと思いますよ。



U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する