1. タブレット人気でPCが売れない? XPからの買い替え特需も出荷台数は3年連続減少傾向に

タブレット人気でPCが売れない? XPからの買い替え特需も出荷台数は3年連続減少傾向に

  • 2098views
  • 0fav



 タブレットの普及に伴い、パソコン出荷台数が三年連続で減少している。2013年の出荷台数は過去最悪の前年度比9.5%。2014年は同比2.7%に留まるも減少傾向は変わらないようだ。

米調査会社IDCは25日、2014年のパソコンの世界出荷台数が前年比2・7%減の3億670万台となり、3年連続で前年実績を下回るとの見通しを発表した。持ち運びやすいタブレット端末に消費者が流れており、特に新興国市場での落ち込みが目立った。

出典:パソコン世界出荷2・7%減 タブレット人気で、3年連続で減少 - 産経 ...

2014年の減少率は縮小も背景にXPからの買い替え特需。

 2013年に過去最悪の9.5%の減少率を記録したPC出荷台数も、2014年は成長率を2.7%に留めた。背景にあるのはWindows XPのサポート終了に伴う「買い替え特需」である。企業・個人を問わず、XPからの買い替えが増加したことが減少率の低下を招いたものの、依然として減少傾向にあることは変わらない。

来年にもタブレット出荷台数がPCを超えるか

 米・IT関連情報調査会社Gartnerによると、2015年にはタブレットの出荷台数がPCの出荷台数を超えると見られている。PC出荷台数は新興国での減少が目立っており、こういった地域でタブレットの普及が進んでいるのが現状だ。この傾向が変わらず進めば、タブレットの出荷台数がPCの集荷台数を超えることは想像に難くない。

 
 より画面の大きなスマートフォン、ファブレットの需要も伸びてきており、タブレットを含む、キーボードのないタッチパネル式デバイスは多様化に向かっている。各メーカーにとって生産体制の判断が難しい状況が続きそうだ。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する