1. ストレスや栄養不足はビジネスの大敵! 仕事で溜まってしまった疲れを取る方法 

ストレスや栄養不足はビジネスの大敵! 仕事で溜まってしまった疲れを取る方法 

by jonas.lowgren

 毎日働いていると、どうしても疲れが溜まってしまいます。溜まってしまった疲れを放置していると、仕事へのやる気が低下してしまったり、精神的に悪い影響が出たりするなど、マイナスの方向へ向かってしまいます。疲れを取るといっても的確な方法が分からないため疲れを放置しているビジネスマンも多いでしょう。休みにぐっすり寝てもなんとなく身体が疲れているままと感じる場合もありますよね。ここでは多忙なビジネスマンに向けた疲れをとる方法を紹介します。

マッサージや入浴で身体をほぐす

 毎日の入浴をシャワーで済ませていないでしょうか。「時間が無いから」とシャワーのみでお風呂を済ませる人も多いのですが、入浴の疲労回復の効果は大きいのです。少しの時間だけでも湯船に浸かると、身体がほぐれます。休日に温泉に出向いてみるのも効果的です。毎日パソコンに向かっているような座り仕事では、自然と肩や腰に疲れが溜まってしまいます。体も心も緊張してしまっている状態を入浴によって改善しましょう。

栄養豊富なものを食べる

 毎日の食事をカップラーメンやインスタント食品で済ませていませんか? 外食では栄養バランスが偏り、疲れをとることができません。疲れをとるためには、栄養が豊富な食べ物を取る必要がありますが、栄養の中でも、特にアミノ酸には疲労回復の効果があるといわれています。アミノ酸は色々な食物に含まれていますが、和食を食べることで効果的に摂取することができます。ご飯と豆腐入りの味噌汁には沢山のアミノ酸が含まれていますし、梅干にも多くのアミノ酸が含まれています。和食を摂取することで疲れをとることができるかもしれませんよ。

気分転換をしてメンタルを回復する

 身体の疲れだけでなく、仕事への気負いやストレスにより、疲れが溜まってしまう事もあります。精神的な疲れをとる方法としては、気分転換をするのがお勧め。好きな事をしていると、気がつかない内に気分が紛れており、嫌な事も忘れられるでしょう。普段は歩かないような場所を歩いてみる、前から気になっていた商品を購入する、映画を観てみるなど、新しいことに挑戦してみるのもいいですね。仕事のことばかり考えていると気持ちが沈んでしまいますので、たまには仕事から離れてリフレッシュを試みてみましょう。



 ここでは、疲れを取る方法を紹介しました。ストレスがなく、しっかりと英気を養うことが、疲れがたまりにくく、そして疲れが取れる一番の方法です。実践して疲れをとりましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する