1. 資格勉強の時間を捻出するためには、朝と夜の自由時間を見直すことが不可欠

資格勉強の時間を捻出するためには、朝と夜の自由時間を見直すことが不可欠

by scui3asteveo

 日々忙しく仕事をするビジネスマンにとって、自分の時間の確保というのは常に頭を悩ませる問題です。その中でも転職や独立など、幅広いキャリアプランを考えている人は、様々な勉強をしたいと考えるでしょう。明確な目標を持って資格取得を目指している人も多くいますが、ほとんどの方は日常の仕事に忙殺されて、手を付ける前に断念しているケースが多くあります。忙しい毎日の中で資格勉強をする時間を捻出するにはどうしたらよいのでしょうか。ここでは、資格勉強の時間を確保する方法を紹介します。

家でいる時間を有効に使う

 朝から満員電車に揺られて出勤し、残業をして家に帰るとダラダラと過ごしてしまう人は多いのではないでしょうか。日中の仕事以外の限られた時間こそ、最も大切にすべき勉強時間なのです。帰宅後は時間の使い方にメリハリをつけて、勉強時間を確保するように意識しましょう。メリハリを付けるコツは、集中的に家事や雑用などのやらなければいけないことを先に済ませてしまうことです。先に家事などをかたすことで自由時間を集中して使うことができます。その中で、いかに勉強以外に掛ける時間を少なくするかが課題となりますが、これはどれだけ意識的に時間の節約をするかを意識しましょう。家にいる時間を有効に使うことで、勉強時間を確保することができます。

朝の通勤前の時間を活用する

 いつも出勤するどのくらい前に起きて身支度をはじめていますか。朝起きるのが出勤時間のギリギリということはないでしょうか。人間の脳は深夜に勉強するよりも、午前中に勉強した方が効率的に記憶されると言われています。まずは早く起きるところから取り組んでみてはいかがでしょうか。朝早く起きて家で勉強してから出勤するのも良いですが、おすすめは早く家を出てそとで勉強をすることです。早く家を出るメリットは、満員電車のピーク時間を外すことで、電車で本を読んだりすることができ、通勤時間を勉強時間にすることができるということです。



 ここでは、資格勉強の時間を捻出する方法を紹介しました。資格勉強の時間を捻出することは、自分の時間を削ることになるかもしれませんが、資格を得られたメリットはかなり大きいものになることもあります。資格を取得するんだという意志を強く持ち、ムダな時間を省いていくことが重要になるでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する