1. 転職・就職時の面接、逆質問ですべき質問・してはいけない質問

転職・就職時の面接、逆質問ですべき質問・してはいけない質問

by Scott McLeod

 就職の際の面接でよく最後に「何か質問はありませんか?」と聞かれることがよくあります。逆質問によって、どのようなことを会社は面接を受ける人に求めているのでしょうか? この質問の意図するところははっきりとはわからないかもしれませんが、しっかりとアピールできる逆質問をすることが良い結果に結びつく場合もあるでしょう。ここでは、面接で逆質問をする際の注意点について述べていきます。

自分の熱意のアピールに繋がる質問をしよう

 逆質問で自分の熱意を伝えられる質問は、仕事内容について詳しく問うような内容のものです。自分の配属予定になりそうな職種について、どのように仕事が進行していくのか。入社してすぐはどのような業務から始まるのか。また、その仕事に必要な資質は何か。その仕事に就くためにはどんなことを勉強すれば役に立つのか。これらの質問は仕事内容に非常に興味があるというアピールにもなります。逆質問が志望動機の後押しになるのです。あなたが本当にその会社で仕事をしたいと思うのなら、自然と思いつく質問だと思います。働きたいと思っている会社の情報を実際の社員から詳しい話を聞けるチャンスなのですから、仕事について聞いてみたいことをぜひ聞いてみましょう。

あいまいな質問は避け、具体的に

 自分では無難な質問をしたつもりかもしれませんが、質問内容が漠然としすぎていて、面接官が困ってしまう場合があります。会社の雰囲気や、仕事のやりがいなどを等抽象的な質問内容は答えにくいですし、得られるものも多くありません。具体的な質問をすることで、イメージをはっきりさせる意味があるということを押さえておきましょう。

お金や待遇に関する質問は避けること

 福利厚生や待遇面に関する質問をすることは避けるべきだと言えるでしょう。募集要項に記載されている内容を質問してしまう場合がありますし、待遇面の質問は、その場で簡単に答えることができないデリケートな問題であることもあります。福利厚生や待遇面の逆質問は控えるようにするのが無難でしょう。


 逆質問はどの面接でもされる場合が多く、それが面接の可否に影響を与えることもあります。印象に残る質問をすることでプラスになるような逆質問になるといいですね。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する