1. 話のテクニックだけでなく重要なのは「好奇心を持って話を聞くこと」 話上手になる方法を紹介します

話のテクニックだけでなく重要なのは「好奇心を持って話を聞くこと」 話上手になる方法を紹介します

by Masa__Israel

 ビジネスではコミュニケーションが重要な役割を占めています。会話の上手さというのは、営業マンや、企画職の人はそれがそのままビジネスの成果に直結してしまうスキルとも言えるでしょう。それでは、話上手になるには、どのような事に着目していく事が必要なのでしょうか。ここでは、話上手にある方法を紹介します。

日常生活の中で知識量を増やす

 知識量を増やすと言うと、とても大変な作業のように聞こえるかもしれません。しかし、例えば新聞記事を読むにしても、記事を把握することで、知識の増加につながります。週刊誌や、新刊にも着眼してみると多くの知識を得ることができるでしょう。電車の中での会話にも、話上手になるヒントは大いに隠されているのです。様々なことに感心を持ち、自分の話の「引き出し」の数を増やすことが話上手になるためには重要なのです。

自分も相手もリラックスした状態で会話できるようにする

 自分自身が緊張していると、相手に緊張感が伝わってしまい、上手く会話する事が難しくなります。まず、緊張感をほぐす為に、世間話から入ってみてはどうでしょうか?最初からビジネストークをすると、相手の警戒心を煽ってしまう原因になります。最初はたわいもない会話から入るようにしましょう。

 リラックスした状態で会話をするときは、相手の話に歩調を合わせ、相手の話を、しっかりと聞くことで相手の話易い状況を作り上げるようにしましょう。リラックスし、お互いに話しやすい状況を作ることで、うまく話を組み立てることができるでしょう。

話上手な人ほど話の長さが短い

 話上手な人は、話を始めたときから会話のゴールをイメージできています。そのため話の長さも自然と短くなるでしょう。寄り道をして話をすると、結局どのようなことをいいたいのかはお互いにわかりにくくなります。ゴールを意識して話を端的にまとめる意識を持つと、話上手に近づくことができます。



 話上手な人は、自分が話すテクニックも重要ですが、聞くことや、話の引き出しを多く持つことも重要になります。知識を吸収でき、自分のものにできる人が話上手だと言えるのかもしれませんね。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する