1. 現像しないなんてもったいない。大切な想い出をインテリアにするウォールデコレーション

現像しないなんてもったいない。大切な想い出をインテリアにするウォールデコレーション

出典:slodive.com

 iPhoneなどで撮った写真、どうしているだろうか? フィルムカメラの時代には撮った写真を現像し、フォトアルバムやフォトフレームで飾っていたが、今では撮ったままという人が多いはず。

 写真は人目に触れてはじめて、その価値が光る。それならばいっその事、大切な思い出の数々を部屋の壁に飾りつけ、インテリアにしてみよう。

白黒写真をモザイクアートのように

出典:socialsurvival.tumblr.com

 様々な大きさに現像した白黒写真を、モザイクアートのように飾りつけ。カラー写真よりもメッセージ性が強い白黒写真の場合は、ひとつのテーマで写真を選ぶと統一感のあるデコレーションになるだろう。

写真を自由自在に並び替え

出典:justimagine-ddoc.com

 窓から覗いているようなアレンジを施し、壁に取り付けたクリップで並べられたデコレーション。子どもやペットの成長に合わせて、写真を並べ替えていくという楽しみ方もありそうだ。

ウォールペーパーと組み合わせて

出典:slodive.com

 ウォールペーパーも組み合わせるとさらにアイデアの幅は広がる。インスタントカメラのイラストが描かれたウォールペーパーに写真を貼り付ければ、写真とイラストの2つの世界観がひとつになる。

お気に入りの1枚は大胆に飾りつけて

出典:jp.pinterest.com

 お気に入りの1枚は、大胆に飾ろう。写真を分割し、パズルを組み合わせるようにデコレーション。単に1枚絵を飾り付けるよりも、アーティスティックな印象に。インテリアとしてのインパクトも、申し分ないだろう。


 暮らしの中に写真を取り入れれば、写真に詰まった思い出が部屋中を彩る。写真は人目に触れてこそ価値がある。ぜひ思い出の写真を現像して、あなたの部屋に飾りつけてほしい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する