1. 会社の朝礼はコミュニケーションの場! 明確にスピーチの内容を決めて有意義に使おう

会社の朝礼はコミュニケーションの場! 明確にスピーチの内容を決めて有意義に使おう

by phil_theone

 会社で朝礼をするとき、自分が話すときにどのような話をすればいいのかわからないという方は多いと思います。どのような話をしていいのかわからないため、朝礼があまり好きではないという方もいることでしょう。それでは、朝礼を有意義な時間にするためにはどうすればいいのでしょうか? ここでは、会社の朝礼でスピーチをするときに話すべきことについて紹介します。

朝礼の目的を知ることで話すべき内容も理解できる

 朝礼は、その日の始まりに、モチベーションを高めることや、チームとしての団結力を高めるという目的があります。このような目的を知っていると朝礼でスピーチを任されたときに話すべき内容も理解できるのではないでしょうか。

 朝礼では、その日の自分の意気込みや、今日気をつけようと思っていることを言うと良いでしょう。そうすることで、今日の自分の意気込みを確認できますし、全体との連帯感も生まれます。

共有すべき事項はどんどん共有する

 朝礼は数少ない全員が顔を合わせる機会の一つです。そのため、共有すべきだと思った内容は、その場で共有してしまった方がいいことが多いです。例えば、仕事の効率を上げるノウハウや、今日の業務の注意事項などは、その場で共有することで円滑に業務が進行でするようになるでしょう。

締めの言葉でモチベーションを高める

 朝礼のスピーチの締めでは、今日一日の仕事が頑張れるように「それでは、皆さん今日も一日頑張りましょう」というような言葉を締めの言葉にすると良いです。みんなのモチベーションに繋がり、また、どのような意気込みで仕事をするのかを確認し合うことができるでしょう。


 朝礼の時間は、数少ない全員が集まるコミュニケーションの場の一つです。しっかりと意気込みや共有事項を話すことで、有意義な時間とするようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する