1. ウイスキーが苦手でも分かる美味しさ。ひと手間加えたウイスキーカクテルは試してみる価値がある

ウイスキーが苦手でも分かる美味しさ。ひと手間加えたウイスキーカクテルは試してみる価値がある

出典:www.jiveturkeyjives.com

 スモーキーな香りと芳醇な旨みを持つ、大人のお酒といえばウイスキー。だが、その独特な味わいが苦手な人も多い。

 そんな人はぜひ「ウイスキーカクテル」をお試しいただきたい。香りや味わいを活かしつつも飲みやすく、新たな美味しさを発見できるウイスキーカクテルは試してみる価値あり。

甘く華やかなコクのある味わい「アイリッシュコーヒー」

出典:www.creap.jp

 アイリッシュウイスキーをベースに、コーヒー・砂糖・生クリームを加えた甘めのカクテル「アイリッシュコーヒー」。

 コーヒーの苦味と酸味、生クリームの滑らかな甘さが、ウイスキーのコクと相まって甘く華やかな味わいになる。冬の寒い季節におすすめの一杯。

ミントの爽やかさがコクを引き立たせる「ミント・ジュレップ」

出典:www.xn--p8jh4e7nta6w.com

 ミントの爽やかさとガムシロップの甘みがウイスキーのコクを引き立たせた「ミント・ジュレップ」は、ソーダの爽快さで一気に飲み干したくなるほどの美味しさ。

 ミントの程よい苦味が、大人の雰囲気にさせる。香草を使った肉料理との相性が良いので、合わせてどうぞ。

カクテルの女王の異名を持つ「マンハッタン」

出典:www.bar-gaslight.com

 通称「カクテルの女王」の異名を持つ「マンハッタン」は、スウィート・ベルモットとアンゴスチュラ・ビターズ、2種類のお酒を合わせたカクテル。

 琥珀色のカクテルに沈んだチェリーが可愛らしい。高いアルコール度数の中にある切れ味ある味わいと柔らかい甘さは、女王の名に相応しい一杯。


 熟練した大人の男性が嗜むお酒のイメージが強いウイスキーだが、ひと手間加えるだけで女性でも楽しめる一杯になる。ぜひ、お気に入りの一杯を見つけてほしい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する