1. 環境を学習し、暖房費を節約。「eCozy」が暖房用ラジエーターを賢くする

環境を学習し、暖房費を節約。「eCozy」が暖房用ラジエーターを賢くする


 モノのインターネット化が急速に進み、あらゆる電化製品がスマホと連携する時代。日本ではあまり馴染みのない製品かもしれませんが、ちょっとユニークなガジェットが海外で開発されていたので紹介したいと思います。

暖房用ラジエーターを賢くするガジェット「eCozy」


 そのガジェットの名は「eCozy」。周囲の空気や水に熱伝導を利用して放熱する「暖房用ラジエーター」をスマホからコントロール可能にするガジェットです。

 日本では電気ストーブが暖房器具として一般的になってるため、「暖房用ラジエーター」が使われることはありませんが、アメリカではセントラルヒーターが主流となっているため、「eCozy」のようなガジェットが開発されました。

 「eCozy」は、専用のアプリ、セントラルユニット(CU)、サーモスタットの3つから成り立っており、サーモスタットを暖房用ラジエーターに取り付けるだけで賢い暖房器具へと変わります。


 専用のアプリをインストールし、サーモスタットを取り付けるだけでスマホから温度の調整を行うことができ、


 さらには、外出中にスマホからサモースタットをコントロールし、帰ってきた時に部屋を快適な温度に設定することもできます。

アルゴリズム搭載で自宅の環境を学習していく


 また「eCozy」には環境適応アルゴリズムが搭載されており、普段ユーザーがどのくらいの温度で過ごしているのかを学習。暖房費も30%以上節約できるようです。

 暖房用ラジエーターを賢い暖房器具に変える「eCozy」。日本では馴染みのない暖房用ラジエーターですが、今後ストーブなどの暖房器具をスマホと連携させるガジェットの登場に期待したいですね!


U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する