1. 広い視野を持つ人がやっている”たった一つのこと”。ホリエモンはなぜ、豊富な知識を持っているのか?

広い視野を持つ人がやっている”たった一つのこと”。ホリエモンはなぜ、豊富な知識を持っているのか?


 ホリエモンこと堀江貴文が、自身のメルマガに寄せられた質問に答えるYouTube番組「ホリエモンチャンネル」。今回の放送テーマは、視野を広げていく方法についてです。

 今ではSNSなどを通じて、誰でも手軽に情報の収集・発信を行えるようになりました。そういった状況の中、ホリエモンはどのようにして視野を広げているのでしょうか?

「視野を広げるには、とにかくSNSやブログで発信した方がいいよ」

 「堀江貴文のQ&A vol.410〜アウトプットが重要!?〜」で取り上げた質問は、「『ホリエモンWITH』などのインタビュー記事に登場する方々の視野の広さに驚きます。彼らは、あんなに広い視野を持っているのでしょうか?  何か心がけていることや特別に行っていることがあれば教えて頂きたいです」というもの。

 その質問に対してホリエモンは、「とにかく情報を集めまくり、ソーシャルメディアやブログなどで発信しまくることですよ」とシンプルに回答。

 「とにかくインプットする情報の量を増やした方がいい」とはよく言ったものですが、大切なのはインプットした情報を何かしらの形でアウトプットすること。それにより、視野がどんどん広がっていくそう。

情報収集はインプットではなく、アウトプットから始めた方がいい


 また、今回のゲストである、堀江貴文サロンから生まれた教育・育成プロジェクト「AHEAD - アヘッドプロジェクト」の荒木賢二郎さんは、「新しいことに興味を持ったら、本を買いに行ったり、その分野に精通する人のブログを読んだりしてインプットから始めるのではなく、アウトプットから始めた方が情報収集は効率がいい」と話します。

 単に情報をインプットするのではなく、アウトプットを目的にした状態で情報収集することが重要。そうすることで、情報収集のアンテナは高くなっていき、関連する情報などが自然と入ってくるようになるようです。

 「堀江貴文のQ&A vol.410〜アウトプットが重要!?〜」では、ホリエモンが視野を広げていく方法について語ります。ブログなどを使って情報を発信したいけど、インプットするだけになっている人にとって、一歩踏み出すきっかけとなるかもしれません。



U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する