1. もう撮り逃しはない。 どこにでも持ち運べる”自撮り”に特化した撮影ドローン「ZANO」

もう撮り逃しはない。 どこにでも持ち運べる”自撮り”に特化した撮影ドローン「ZANO」


 皆さん、”ドロニー”という言葉は知っていますか? ”ドロニー”と言うのはセルフィー(自撮り)とドローンを掛けた造語ですが、これが海外では最近大きな話題になっています。

 今回は、そんな話題の”ドロニー”に特化したドローン「ZANO」を紹介したいと思います。

”自撮り”に特化した高性能な小型ドローン



 「ZANO」はサイズ約6.5cm×6.5cm、重量55gというかなり小型なドローンですが、秒速11mという驚くべき速度で飛行します。


 操作はスマホの専用アプリから行うことができ、アイコンが分かりやすいので直感的な操縦、撮影をすることが可能です。


 「ZANO」が”ドロニー”に特化していると言える機能として、Hold Position機能というものがあります。

 これにより、空中の一点から使用者自身を撮影することが可能となり、スポーツやレジャーなどの時でも最高の一瞬、最高の角度を逃さずに撮影することができます。


 ワンボタンで使用者の元に戻ってくる機能も当然ついているので、離れてどこかに消えていってしまう心配もありません。


 また、「ZANO」は写真の撮影だけでなく動画の撮影も可能で、しかもアプリを通して各SNSに共有することができます。


 「ZANO」は現在Kickstarterで出資者を募っており、順調に行けば来年6月には製品が完成するようです。


 セルフィーの進化系である”ドロニー”。それに特化し、最高のパフォーマンスを実現した小型空撮ドローン「ZANO」。今後、自撮りの主流になるかもしれない”ドロニー”を体感してみたい方は出資してみては?


U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する