1. 米:アップル 自社の持つ時価最高額歴代最高を更新 新型iPhone発売で時価総額82兆円

米:アップル 自社の持つ時価最高額歴代最高を更新 新型iPhone発売で時価総額82兆円

  • 2042views
  • 0fav


出典:www.flickr.com

 米・アップルの時価総額が7000億ドル(約82兆円)を突破し、歴代最高を更新した。これは時価総額第2位のエクソンモービルの約1.7倍という圧倒的最高値。また82兆円というその額は、なんとトヨタの三倍以上にあたる。

米アップルの時価総額は7000億ドル(約82兆4300億円)台に乗せ、世界最大の自社記録を塗り替えた。アップルの株価 は一時119.75ドルに上昇し、時価総額は米企業が達成したことのない7020億ドルを超えた。

出典:米アップル、時価総額が7000億ドル超え-新製品好調で - Bloomberg

新型iPhoneが後押し

 アップル好調の理由として、先日発売されたiPhone6の存在が挙げられる。発売からわずか三日間の間に販売台数は全世界で約1000万台に上った。この結果がアップルの株価にそのまま反映されたとみてよいだろう。

 またiPhone6発売は他社にも影響を与えており、韓国ではiPhone6発売によってサムスンの売り上げ下落を招いた。

TechWebは「サムスンは販売台数でライバルであるアップルに完膚なきまでに叩きのめされている」と伝え、「韓国のスマホメーカーにとって厳冬期を迎えることになる」などと報じた。

出典:韓国で新iPhoneが好調 サムスンの無残な姿に当局も動き出す始末 ...

 中国メディアTechWebは、サムスンを始めとする韓国スマホメーカーの今後を厳冬期と表現。

アップルはiPhoneに依存しすぎ?

 絶好調のアップル、しかしその好調の大半をiPhoneが担っていることは否めない。実際、iPhone6と同時に発売された新型iPadの出荷台数は、同機種初の前年比減(12.7%減)という結果がでており、好調とは言い難い状況に。
 
 しかしタブレットはスマートフォンとは異なり、買い替えのサイクルが長い傾向にあると言えるため、この流れは仕方がないものと見る動きもある。

 また、新型iPhone発売のたびに熱心なアップルファンがアップルストアに行列を作る姿は、アップルが依然として多くのファンを持っていることを物語っている。このように、いまだに熱烈なアップルファンが少なくないことを考えると、iPhoneに依存しすぎているという事実も、さほど懸念事項にはならないかもしれない。


 今回、時価総額で過去最高を更新したアップル。その勢いは当分のところ続きそうである。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する