1. 自分のキャリアと熱意を伝える! 志望動機の書き方、3つのポイント

自分のキャリアと熱意を伝える! 志望動機の書き方、3つのポイント

by flazingo_photos

 転職活動をする際に、まず行なわなければいけないのが履歴書の記入です。転職の経験がない場合、どのように志望動機を書けばいいかわからない方も多いことでしょう。しっかりとポイントを押さえた記述ができていれば、志望動機としては合格点の出来となるでしょう。ここでは、志望動機の書き方のポイントを紹介したいと思います。

その業界を選んだ理由を盛り込む

 あなたが現在働く業界と転職したいと思っている業界は同じでしょうか。同じであった場合はさほど気にする必要はありませんが、キャリアチェンジをする場合は理由を明記する必要があります。なぜその業界なのか、そして、なぜ転職を希望するのかははっきりと書ける場合は記載しておく方が良いでしょう。

その会社を選んだ理由を盛り込む

 転職をしたい理由だけでは、その会社をなぜ志望しているのかということは伝わりません。そこで、志望動機では、会社の特色や、魅力について触れることをおすすめします。特に、同業界・同業種の転職の場合、その企業のことを詳しく調べ、現在の会社との違いをアピールする必要があるでしょう。

自己PRと結びつけて記載する

 志望動機には、自分がどのようなことを転職してしたいのかを記述するのが一般的です。ですから、自分の長所やできることなどと、自分のしたいことが冷静に分析できており、充分生かすことができることをアピールしなければなりません。志望動機を書く場合は、自己PR欄との関連性にも配慮してみましょう。



 転職をする際、重要なのは、今までの自分がいた会社との比較や、今までの自分のスキルがどう生かせるのかということです。大いにアピールして、転職活動を有利に進めましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する