1. 「1人の人間として素直に向き合う」―偉い人と話すときはどうすればいい? ホリエモンが徹底解説

「1人の人間として素直に向き合う」―偉い人と話すときはどうすればいい? ホリエモンが徹底解説


 ホリエモンこと堀江貴文が、自身のメルマガに寄せられた質問に答えるYouTube番組「ホリエモンチャンネル」。ここでホリエモンが、偉い人と話すときに緊張しない秘訣を語っています。

 目上の相手と接するときは、つい体がこわばってしまうもの。いつも堂々としているホリエモンにも、コミュニケーションが苦手な時期はあったそうです。一体、どのようにして緊張を克服したのでしょうか?

「コミュ障の克服には数を積むしかない!」

 「堀江貴文のQ&A vol.405〜偉い人に萎縮しない方法!?〜」で取り上げた質問は、「営業部に移動することが決まりました。友人と話すときは問題ないのですが、偉い人と話すと緊張しています。どうすれば良いでしょうか?」というもの。

 この質問にホリエモンは、「場数しかないよ。とにかく慣れること」と回答。ホリエモンも昔は、好みの女性と話すときには緊張したそうです。しかし、苦手意識を克服した今、教訓として挙げたのは「とにかく場数を積むことが大切」ということ。

1人の人間として素直に向き合っては?

 一方、話題のダイエット療法「吉川メソッド」発案者の吉川朋孝さんは、有名人とも多く接している自身の経験を基に、「自分は自分以上でも以下でもないので、嫌われることを恐れるな」とアドバイスします。まず相手に対して純粋に興味を持ち、そこから会話を始めるのが良いそうです。

 その上で相手の長所を褒めたり、気になる部分を質問したりすれば、気分がよくなってどんどん話をしてきてくれるとのこと。このような方法を実践できれば、偉い人が相手でも自然と会話が弾みそうですね。立場が違うからといって委縮したり自分を大きく見せたりはせず、1人の人間として素直に相手に向き合うのが最も大切なのかもしれません。

 「堀江貴文のQ&A vol.405〜偉い人に萎縮しない方法!?〜」では、ホリエモンと吉川朋孝さんがコミュニケーション能力の向上法を話します。コミュ障の克服法は人それぞれ。彼らのアドバイスから、自分に合った方法を取り入れたいですね。



U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する