1. キャリアは「積み上げる」から「繋ぐ」ものへ。キャリアショック、あなたは大丈夫ですか?

キャリアは「積み上げる」から「繋ぐ」ものへ。キャリアショック、あなたは大丈夫ですか?

  • 53827views
  • 2fav


 ひと昔前のビジネスパーソンにとって、自分のキャリアを設計することは当たり前のことでした。しかし、変化の多い現代では、キャリア設計があまり意味をなさないものとなりつつあります。そんな中、近年急激に「キャリアショック」に見舞われるビジネスパーソンが増加しているようです。

キャリアショックとは?

 キャリアショックとは、自らが積み上げてきたキャリアや描いてきたキャリアの将来像が、環境や状況の変化によって短期間のうちに崩壊してしまうこと。ある日突然会社が買収される、自分のキャリアが急激に陳腐化してしまう、といったようなものです。変化の激しい現代では誰もがこのような危機に晒される可能性があり、自分の人生を自分で切り開いていくための方法論の形成が、個人の重要な課題として注目を集めています。

なぜ、キャリアショックに見舞われる人が増えているのか?

 そもそも、多くの日本人にとってキャリアは「積み上げるもの」「蓄積するもの」といったイメージがあるはずです。せっかく今まで積み上げてきたキャリアが無になることへの喪失感や落胆が、キャリアショックを引き起こす要因の一つとなっています。

 例えば、育児休業を取ると元の仕事に戻れなくなってしまうと不安に感じるのも、キャリアは「積み上げるもの」だというイメージを持っているからです。

 また、大手企業の半数以上が役職定年制を導入しています。これは、役職者が一定年齢に達したら、管理職ポストを外れて専門職などに異動する制度です。この役職定年制による不本意な異動は、役職定年者にとって長年積み重ねてきた経験やスキルの否定と言っても過言ではありません。結果、プライドを傷付けられ、キャリアショックに見舞われる人も少なくないでしょう。

「積み上げる」から「繋ぐ」へ

 "キャリアは積み上げるもの"という固定概念があるゆえに崩れることを恐れてしまいがちですが、過去の仕事から得られた知識や知恵は会社や職務が変わってもなくなるものではなく、自分の中に身に付いているはずです。

 様々な仕事や経験を通して新しい能力が磨かれていくように、キャリアを崩してこそ得られる知識や能力もあるはずです。闇雲に一つの会社に固執するのではなく、"過去のキャリアを新しい仕事に繋げる"という感覚を持つことで、自分の個性や能力に磨きをかけていく、という発想の転換。それこそが、これからの時代に生きるビジネスパーソンにとって必要なキャリア形成の考え方だと言えます。


 変化の激しい現代では、自分のキャリアは自分で築き上げていかなくてはなりません。キャリアショックに見舞われないために必要なのは、"積み上げる"から"繋ぐ"へのキャリアに対する発想の転換です。そのために、自分のブレないビジョンを明確に持つこと。自分の仕事が自分のビジョンに繋がれば、どんな道を辿っても良いはずです。

 自分の人生を自分で作る、個人がより自分らしく生きられる時代になってきていると捉えれば、決して悪くない時代かもしれません。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する