1. 栄養を与えて運動させることで仕事の効率アップ! ちょっとした時間で脳を活性化させる方法

栄養を与えて運動させることで仕事の効率アップ! ちょっとした時間で脳を活性化させる方法

by DeaPeaJay

 仕事の作業や勉強も、脳が活性化していない状態では効率が悪く、かかった時間の割には出来栄えが悪いことがほとんどです。脳の働きが悪いと感じたら、脳を活性化させるような行動をしてみるといいでしょう。費用もかからず、特別な道具も必要なく活性化させる方法を紹介していきます。

休憩時間に短い仮眠を取る

 睡眠時間が足りていないときは、朝起きても脳はまだまだ眠っている状態です。そのまま会社に出社しても仕事ははかどらないどころか、ミスをしてしまうこともあるでしょう。ですから、こういった時は脳を活性化させるために仮眠を取ることが一番です。仮眠を取る時間としては、お昼休みなどの休憩時間が一番いい時間ではないでしょうか。休憩室で昼寝をしたり、トイレで少しの時間座って目を閉じてみましょう。ほんの少しの仮眠を取るだけで脳はスッキリしますし、活性化されるでしょう。

甘いものを食べる

 甘いものは疲れた脳に効果的で、脳の働きを良くしてくれます。仕事で長時間同じ作業をしていたり、長時間勉強をしている時は甘いお菓子を食べたり、甘い飲み物を飲むと脳は活性化されます。特に夜は眠気から集中力も欠けてきますから、甘いココアや砂糖を入れたコーヒーが最適です。できるだけ食べる物を控えたい場合は、甘い飲み物で脳を活性化させるといいです。取りすぎはいけませんが、疲れた時に少しの糖分を摂取することは脳の働きを活性化させることになります。

「脳の運動」をする

 脳は使わないと段々と鈍ってきてしまいます。脳をベストな状態に保つためには常に脳と目の神経を働かせていなければいけません。パズルやクロスワード、ルービックキューブなどを解くことによって、脳が活発に働き、普段の仕事でも脳が冴えた働きをしてくれるようになるでしょう。


 脳を活性化させることは仕事の作業や勉強の効率を良くするためにも必要です。日常的に脳を活性化させる方法を見つけて実行していくといいでしょう。脳を活性化させることは、日々の生活を楽しく過ごすということにもつながっていきます。適度に刺激させて活性化していくといいでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する