1. 1日の疲れをホッと解消。お風呂タイムを香りと色で彩るおすすめ入浴剤4選

1日の疲れをホッと解消。お風呂タイムを香りと色で彩るおすすめ入浴剤4選

出典:smhttp.32478.nexcesscdn.net

 冬が近づき、だんだんと寒くなるこの季節は、芯まで冷えきった体を温めてくれるお風呂が恋しくなります。外から帰宅した後のお風呂は、疲れた心を優しく癒してくれるオアシス。

 そんなお風呂タイムをさらに楽しむためのアイテムが「入浴剤」。今回は、華やかな香りと鮮やかな色でお風呂タイムを彩る入浴剤を集めてみました。

冬の乾燥肌に潤いを

出典:ameblo.jp

 気候や暖房機器の影響で一年のうち最も乾燥する冬には、カサカサ乾燥肌トラブルで悩む人が多いでしょう。

 しっとりとした肌を取り戻したいという人には、「白濁系の入浴剤」がおすすめ。湯船に浸かっているうちに肌に潤いとハリがプラス。湯上がりはしっとりと保湿され、触れるほどに気持ちの良い肌触りになっているはずでしょう。

アロマのような優雅な香り

出典:ameblo.jp

 部屋でアロマやお香を焚いてリラックスするように、お風呂でも香りで癒やされたいという人にはぜひ「アロマオイルタイプの入浴剤」をお試しいただきたいです。

 お風呂に入れるとたちまち広がる草花木果の香りは、スーッと体を包み込み心身ともに優しくコリをほぐしてくれます。ゆっくりと湯船に浸かりながら香りで癒されるひとときは、上質なリラックス体験になるはずです。

湯上り後もカラダの芯まで温かい

出典:blog-imgs-32.fc2.com

 せっかく湯船に使って体を温めても、湯上がりに冷めてしまっては元も子もありません。発汗効果や代謝促進など高い温浴効果がある「バスソルトタイプの入浴剤」は体を芯まで温めてくれます。

 湯上がり後の少し下がった体温で、心地良いぬくもりを感じる間に眠りにつくと良い睡眠を得ることができるはず。ぜひ、この上ない気持ち良さを味わってみてください。

自宅で本格温泉の気分

出典:upload.wikimedia.org

 たまには温泉に行きたい…。でも今すぐ叶わないのなら、せめて自宅で本格温泉の気分を味わってみませんか。ヒノキや泥など、実際に全国の名湯で使用されているものを使った「温泉風の入浴剤」がおすすめです。

 ヒノキの香りや泥の感触など、目を閉じればそこはまさに露天風呂や泥風呂に浸かっているかのよう。たまには自宅に居ながらちょっと贅沢な気分を味わうのもいいかもしれませんね。


 シャワーでも体の汚れを落としてリフレッシュできますが、湯船に浸かるひと時はシャワーでは手に入らない極上の癒やしを味わうことができます。ぜひお気に入りの入浴剤を見つけて、安らぎの時間を過ごしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する