1. 私たちが欲しいのは、さりげない「女性らしさ」。服の素材に注目することが「なりたい自分」への近道

私たちが欲しいのは、さりげない「女性らしさ」。服の素材に注目することが「なりたい自分」への近道

出典:tokichoi.co.jp

 デキる女性の服装をしようとすると失われていく「女性らしさ」。カジュアルなファッションやメンズライクなファッションが注目されていることとも相まって、気づけばファッションから「女性らしさ」が欠けているということも多いのではないでしょうか。カッコいい服装も、やりすぎは厳禁。どこかに「女性らしさ」を残したファッションをしてみませんか?

 そこでオススメしたいのが、衣服の素材で「女性らしさ」をプラスする方法。

冬限定の女性らしい素材、ファー

出典:zozo.jp

 全体にファーがあしらわれた服って、男性には着られないものですよね。ファー素材のアイテムは、暖かい上に女らしく着ることができて優秀です。取り入れるのは難しいと思われがちなファー素材ですが、意外とどんなアイテムにも合わせやすいですよ。

レースはあえてカジュアルな服装に投入してみる

出典:style-cruise.jp

 レースの繊細な生地も女性ならでは。流行はあえてカジュアルに着るスポーツMIXです。スェットトップスやスニーカーに合わせてカジュアルダウンすれば、いかにも「女性らしさ」を狙っているようには見えないはず。

程よく華やかなサテン生地

出典:store.united-arrows.co.jp

 男性が着るとキメすぎているように見えるサテン生地も、女性ならサラリと着こなせます。サテン生地のブラウスは程よく華やかで、オフィスルックにはもちろん、軽いパーティーシーンにもピッタリ。光沢のある生地なので、顔を明るく照らしてくれる効果もあります。


 ここでは、一つのアイテムに使うだけで、簡単に「女性らしさ」を作れる素材を紹介しました。女性らしい素材を取り入れることは、清楚さや可憐さを演出することにもつながります。そんな雰囲気を求めていた方、参考にしてみてはいかがでしょうか?

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する