1. 肩肘張らない、でも手抜きじゃない。「エフォートレス・シック」で大人の余裕を楽しもう

肩肘張らない、でも手抜きじゃない。「エフォートレス・シック」で大人の余裕を楽しもう

出典:www.kayture.com

 大人っぽいファッションって何でしょう。カッコいいアイテムを揃えること? 「可愛い」を抑えること? 歳を重ねて相応なファッションをしようと努力するうちに、色々なことを考えすぎてしまっている方はいませんか?

 「大人っぽい」が分からない。そんな方たちに注目してほしいのが「エフォートレス・シック」です。

大人の余裕を感じさせるファッション

 あまり聞き慣れない言葉「エフォートレス・シック」。

エフォートレス・シックとは、肩の力を抜き、ほどよく崩した、大人のカジュアルスタイルのことをいう。

雑誌「ELLE」が発表したおしゃれキーワードで、フランスの女優、シャルロット・ゲンズブール(Charlotte Gainsbourg)やソフィア・コッポラ(Sofia Coppola)が元祖エフォートレス・シックなスタイルだとか。

出典:エフォートレス・シック【 Effortless Chic 】感覚用語: Fashion Blog

 頑張りすぎないで、大人の余裕を演出する「エフォートレス・シック」。あなたも試してみませんか?

例えば、ワンピース1枚をサラッと着てみる。

出典:www.thesartorialist.com

 毎日のコーデに悩む人は大勢いるのに、たった1枚の服を簡単に着こなせている人って意外と少ない。サラッと1枚でその日のコーデが完成するアイテムのワンピースは、まさにエフォートレス。ルーズとかだらしないとか、そういった印象を与えないのもいいところ。

 気の張っていないファッションは、見ている人までリラックスした気分にさせます。

何でもない服。だけどこだわりのある服。

出典:thatsaleaf.com

 シャツとデニムを合わせただけのとてもシンプルなコーデも、エフォートレスなファッション。そして、計算していないのに決してハズさない、最高のファッション。

 多くのものを盛り込んだファッションをやめると、自然と「素材」に目がいくはず。肌に馴染む優しい服を、少しでも長く使える良品を。そうやって求めているうちに、「ホンモノ」が手に入りそう。

靴も心も「フラット」がいい。

出典:thelocusofstyle.com

 ヒールを履くと、背筋が伸びて気持ちが引き締まる気がしますよね。だけどいつもそんな状態でいると、心も体も疲れてしまう。たまにはフラットシューズを履いて、ゆったりとした気持ちで街を歩きたいもの。



 これが、頑張りすぎない「エフォートレス・シック」なファッションです。服の力は絶大で、その日の服でその日の自分が決まるような気がします。ファッションに力を入れたくなるのも当然。

 エフォートレスなファッションをして、服に入れる力をちょっと抜いてみる。そうすると、服では隠せない「自分自身」を磨きたくなってきませんか? 肩肘張らないファッションをすることが、洗練された自分を作るきっかけになる。「エフォートレス・シック」が「大人なワタシ」を完成させてくれるのかもしれませんね。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する