1. シルクロード経済圏実現に向け4.5兆円超の基金創設へ 狙いは「影響力」と「緊密化」か

シルクロード経済圏実現に向け4.5兆円超の基金創設へ 狙いは「影響力」と「緊密化」か

  • 3152views
  • 0fav


シルクロード経済圏実現に向け加速する中国

 中国が実現に向け取り組んでいる「シルクロード経済圏」。この取り組みの一つとして、シルクロード基金を創設する見通しです。

中国はシルクロード経済圏構想の実現へ取り組みを加速する。8日に北京で関係国の会議を開き、中国が独自に400億ドル(約4兆5800億円)の基金を創設し、対象地域のインフラ整備を支援すると表明した。

出典:中国、4.5兆円超の基金創設へ 「シルクロード経済圏」 :日本経済新聞

 4.5兆円以上もの資金を投資していることからも、中国の意気込みが感じられます。

シルクロード経済圏とは

 「シルクロード経済圏」とは、アジアと欧州を結ぶ経済圏のことを指し、中国から中央アジアへと伸びる「陸路」と東南アジア・中東を経由する「海路」を創設する予定です。交通インフラの整備・経済の一体化・人的交流の拡大等を目的としています。

中国の狙い

 自国の資金を大量に投入する等、積極的な取り組みを見せている中国。中国がシルクロード経済圏に注力する理由は「影響力の獲得」と「アジア関係の緊密化」の二つと見られています。

周辺地域への影響力取得

 中国は、「シルクロード経済圏」に自国の資金を投入し、地域経済の一体化や経済成長を主導する姿勢。この経済圏内で経済浮揚が起これば、さらに影響力を保持出来ると考えているようです。

 さらに、このシルクロード経済圏は「中国版マーシャルプラン」と揶揄されていることもあり、国としての影響力だけではなく中国の「元」の影響力を高めようとしている可能性もあります。

アジア関係緊密化

 シルクロード経済圏は様々な目的のために創設される予定ですが、メインは交通インフラ整備です。鉄道網や高速道路網の整備に資金を優先的に配分する見通し。このように独自のルートを開拓して交易を拡大することで、アジア地域全体の国力を強化し、緊密化させる狙いがあるようです。


 シルクロード経済圏が実現されることで、中国を始めアジア全体の成長が予想されています。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する