1. メイクの失敗第一位は「眉」。「眉毛」の描き方にこだわっていい表情を作ろう!

メイクの失敗第一位は「眉」。「眉毛」の描き方にこだわっていい表情を作ろう!

by Anibal Toro Photography

 メイクが1番難しいパーツって、どこだと思いますか? 時間のかかる目、はたまた面積の広い肌でしょうか。いいえ、答えは「眉」なんです。思い当たる女性も多いのでは? なんとなくでは済まない眉のメイクについては、「左右非対称になる」「形が不格好になる」などの多くの悩みがつきもの。

 ここでは皆さんの苦手パーツ「眉」を綺麗に描く方法を紹介します。

基本の眉の描き方

① まずは眉コームなどを使って毛流れを整えます。

② ペンシルで眉の薄い部分を描き足しましょう。ここでやってはいけないのが、ペンシルで眉の輪郭をなぞること。いかにも「描いた眉」になってしまいます。

③ アイブロウパウダーで軽く色を入れます。眉山から色をいれると、より自然な仕上がりに。

④ 髪色が明るく、眉の色を変える必要がある方には眉マスカラがオススメです。つける前に余計な液をティッシュなどでオフすることをお忘れなく。まずは毛流れに逆らってつけてから、毛流れに沿ってつけるとムラがなくなります。

眉メイクの注意点あれこれ

切りすぎ・抜きすぎ厳禁

 眉の形を整えようとするうちに、ついつい抜きすぎたり切りすぎたりしてしまうことがあります。そうすると、描き足さなければいけない部分が多くなりますよね。描き足す部分が多いと、より人工的な眉に見えてしまいます。なるべく、もともとの眉を残すようにしましょう。

眉の黄金比

 眉頭・眉山・眉尻、それぞれ眉のポイントの部分をどこに置くかが重要。

・眉頭は目頭より少し内側
・眉尻は口角と目尻を結んだ延長線上
・眉山は黒目の外側と目尻の間にくるように

以上の3点を踏まえて、眉の黄金比の完成です。

左右交互に描く

 眉毛を左右対称に描くのって難しいですよね。左右対称にするためには、どちらか一方だけを一気に描くのを避けて、両眉のバランスを見ながら交互に描き足していきましょう。

 また、小さい鏡で左右どちらかの眉を見るのではなく、大きい鏡に両方の眉を写して描くとバランスが取りやすいですよ。

困ったときの救世主「眉テンプレート」!

出典:www.bigwilliestyles.com

 どうやっても眉を綺麗に描けないという方には、眉テンプレートがオススメです! 計算されたテンプレートができあがっているので、あとは眉にあてて枠内で眉毛を整えるだけ。これは便利すぎる!

 
 「眉は目より人の表情を左右する」と言われています。眉一つで表情が変わってしまうなら、きちんと整えて良い印象を残したいものですよね。眉が上手に描けなくてお困りだった方、ぜひ参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する