1. 着痩せマジック「Yライン」ですっきりコーデ!  これだけ押さえれば冬のコーデにはもう悩まない

着痩せマジック「Yライン」ですっきりコーデ!  これだけ押さえれば冬のコーデにはもう悩まない

出典:bestpaperz.com

 アイテムをたくさん使って自分なりのレイヤードができる冬は、ファッションを1番楽しめる季節かもしれません。そんな冬のファッションには、「着ぶくれしてスタイルが悪く見える」という悩みがつきもの。重ね着する上に服自体も厚めなのですから、それもそのはず。

 そんな悩みを解消するためには、全身のバランスに気をつけることが重要です。そもそもバランスって何なのか分からない! という方にオススメなのが、コーディネートで「Yライン」を作る方法。「Aライン」や「Iライン」という言葉を聞いたことがある方は多いと思いますが、一体「Yライン」とは何なのでしょう。

全身で「Y」のシルエットを作る

 「"Yライン"を作る」とは、全身のシルエットをちょうどアルファベットの「Y」の字のようにさせること。簡単に言えば、トップスがボリューミーならばボトムスはすっきりしたものを合わせる方法です。それでは実際にその「Yライン」が完成しているコーディネートを見ていきましょう。

ニットは1番着ぶくれしやすいアイテム

出典:bellediamant.blogspot.jp

 冬のファッションには何と言ってもニットが欠かせないですよね! ふわふわもこもこのニットは見ているだけでも暖かそう。そんなニットを着るときにも「Yライン」を意識して。ニットが厚手の場合は細身のパンツを合わせて「Y」の字を作ることができ、着ぶくれしやすいニットのコーデでも全身でスッキリ見せが可能です。

ボリュームのあるコートは更に注意

出典:www.fleur-d-elise.net
 
 コートを羽織るときも、コートから出るボトムスを細身にして「Yライン」の出来上がり。コクーンコートやファーコートのようなボリュームのあるコートを羽織るときには、よりバランスに注意したコーディネートをしたいものですね。

スカートでもYラインが作れる!

出典:harperandharley.com

 「Yライン」はスカートでも作れます。厚めのニットにはタイトスカートやペンシルスカートが相性抜群。今まで体のラインが見えるスカートを避けていた方、この冬に挑戦してみるのはいかがでしょうか? 意外な万能アイテムですよ。

逆Yラインも有効

出典:www.bittersweetcolours.com

 裾広がりなスカートには「逆Yライン」で対応です! 「逆Yライン」とは、「Yライン」のシルエットを逆さまにしたもので、ボトムスにボリュームがあるならばトップスをスッキリさせる方法です。このラインに従って、サーキュラースカートのようなスカートを履くときには厚手のトップスは避けましょう。

 ハイゲージのニットにはタイトスカートやスキニーパンツよりも、ふわっと広がるスカートを合わせるとバランスが取りやすくなりますよ。



 「Yライン」がどういったものかお分かりいただけたでしょうか? 冬のファッションのバランスを考えるときにこのラインを頭に入れておけば、より簡単にコーディネートできると思いませんか? せっかくオシャレが楽しい冬なのに、何となくコーデがキマらなかった方、ぜひ参考にしてみてくださいね。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する