1. Skypeがついに念願のあの機能をテスト中、世界はもっと身近に。

Skypeがついに念願のあの機能をテスト中、世界はもっと身近に。


 今年の6月に発表された、Skypeの自動翻訳機能「Skype Translator」。「いつ導入されるのか?」と多くのユーザーが待ち望んだこの機能ですが、どうやら現在テストの段階にあるようです。

45カ国の言語に対応!相手の話した言葉をリアルタイムで自動翻訳


 「Skype Translator」は相手の話した言葉を自動で翻訳し、リアルタイムでテキスト化してくれるので異なる言語でも相手が何を言っているのか、簡単に理解することができます。

 また、対応している言語の数も45カ国以上と豊富。今まで以上に、世界中の人たちとコミュニケーションを楽しむことができそうですね!

まずはWindows 8.1を搭載したPCやタブレットから利用可能に?


 導入されるのが待ち遠しい「Skype Translator」ですが、最初はWindows 8.1を搭載したPCやタブレットから利用できるようにしていき、少しずつ対応可能なデバイスを増やしていくとのこと。

 まだまだ改善する部分が多いそうですが、今回のテストで様々な会話を解釈することによって翻訳の精度を向上させるようです。本格的な導入はまだ先になりそうですが、この機能によって「言葉の壁」を感じることなく、世界中の人とコミュニケーションとれる日がやってきそうですね!



U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する