1. みんなの夢、「空飛ぶ車」を実現したらこんな形になりました

みんなの夢、「空飛ぶ車」を実現したらこんな形になりました


 SF映画などで誰もが一度は憧れたであろう「空飛ぶ車」。夢のまた夢のような存在でしたが、その実現は「空飛ぶ車」着実に近づいていたようです。

完成は間近? 空飛ぶ車「AeroMobil 3.0」の最新試作機が公開!

 スロバキアに本拠を置き、長年「空飛ぶ車」の開発を続けてきたAeroMobil社が先日、最新試作機「AeroMobil 3.0」を公開しました。


 デザインは洗練されていて美しく、高級感が漂っています。これまで幾つか試作機が公開されてきましたが、この3.0は非常に高い完成度です。


 運転席は飛行機のコックピットのようになっており、定員は2人。


 少し大きすぎるように思いますが、翼をたためば他の車と一緒に走ってもあまり違和感がありません。車の時は最速160kmまで出すことができます。


 空を飛ぶときはプロペラを起動し、一定の助走をつけることで離陸します。


 空を飛んでる姿は、まるで『ハリーポッター』に出てくれる「空飛ぶ車」みたい。もう交通渋滞などに巻き込まれる心配をする必要もありません。

 最初のプロトタイプが発表されてから24年。ここまで完成した形になっていると、夢にまで見た「空飛ぶ車」が実現する日は近いかも。期待せずにはいられないですね。



U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する