1. 安定して月200万円稼げる? ホリエモンが紐解く、売れるネットショップに必要な2つのメソッド

安定して月200万円稼げる? ホリエモンが紐解く、売れるネットショップに必要な2つのメソッド


 ホリエモンこと堀江貴文が、メルマガに寄せられた質問に答えるYouTube番組「ホリエモンチャンネル」。今回の放送は、フィギュア・玩具の企画、製造を行っているグッドスマイルカンパニーの安藝貴範氏をゲストに迎え、売れるネットショップに必要なメソッドを語っていきます。

 「BASE」や「STORES.jp」など無料でネットショップを作成できるサービスが爆発的に普及し、今では誰もが手軽にネットショップを持てるようになりました。ですが、どうすれば売れるネットショップにすることが出来るのでしょうか? 

ネットショップは地道に営業していかないとダメ

 「堀江貴文のQ&A vol.396〜売れるネットショップ!?〜」で取り上げた質問は、「友達がネットショップをやっていて、いつかはネットショップだけで生計を立てられるようになりたいと言っているのですが、堀江さんだったらどのような改善点があると思うか、教えて下さい」というもの。

 この質問にホリエモンは、「楽天以外にも今はスマホのフリマサイトやモールがたくさんあるんだから、そういう所にもどんどん出品していかないとね。あとはたくさん買ってくれる顧客に向けてリピートされる商品をプッシュする。地道に営業していかないとダメだよ」と回答。

 ネットショップを開設した時、誰もが「年商1000万円」といったような売上を目指し、様々な戦略を実行すると思います。しかし、大切なのは小手先のテクニックではなく地道な努力。

 商品をブログで紹介したり、SNSで発信するといったことを毎日続けていけば、収益を安定して生み出せるネットショップになっていくそうです。

きちんとカテゴライズして、ターゲットを絞れ!

出典:www.rakuten.co.jp
(※質問に挙がっていたネットショップ「アイスマ」)

 また、グッドスマイルカンパニーの安藝貴範氏はサイトを見て、「商品説明も丁寧でカテゴライズもされているのに、サイトから見えないのはもったいない」と語ります。

 さらに「女の子向けの可愛いモノが集まっているのに女の子向けのサイトに見えない。もっとカテゴライズして、ターゲットを絞ってやるといい」という意見まで…! ただ商品を並べるだけでなく、ターゲットを意識したサイトづくりをしなければならないそうです。

 商品の紹介やSNSでの発信といった「地道な努力」だけでなく、カテゴライズやターゲット選定などの「事前準備」も売れるネットショップには欠かせないとのこと。ちょっと面倒くさいと思えることを、どれだけ出来るかが成功と失敗を分けると言えるのではないでしょうか?

 「堀江貴文のQ&A vol.396〜売れるネットショップ!?〜」では、売れるネットショップに必要なメソッドを分かりやすく知ることができます。今後、ネットショップを作成してみようかな…と少しでも思っている人は必見の内容です!
 


U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する