1. 「もっと他人を頼って、自分の好きなことやりなよ」― ホリエモンが語る、これからの時代のサバイブ術

「もっと他人を頼って、自分の好きなことやりなよ」― ホリエモンが語る、これからの時代のサバイブ術


 ホリエモンこと堀江貴文が、メルマガに寄せられた質問に答えるYouTube番組「ホリエモンチャンネル」。今回の放送テーマは、前回の「働き方」から一歩踏み込んで「生き方」についてです。

 一つの会社に属して一つの仕事をこなすといった、当たり前の価値観が崩れつつある今、どのような生き方をすべきなのでしょうか? ホリエモンが考えるこれからの時代のサバイブ術について見ていきましょう。

「自分の好きなことをやればいいよ」

 「堀江貴文のQ&A vol.395〜人生のポートフォリオ!?〜」で取り上げた質問は、「今後他人に頼ることなく、自分でしっかりと稼いでいく為には、どのような職業に就くのがいいと思いますか?」というもの。

 この質問に対してホリエモンは、「自分好きなことをやればいいよ。それが見つからないなら、見つかるまで色々な仕事をすればいい。そのうち見つかるだろうし、人によって違う。俺に聞く話ではないよ」と回答。

 さらに「『他人に頼ることなく』の意味がわからないな。他人に頼れるような人間にならないと生きるの辛いよ。苦境に陥った時に人に助けを求められないダメ人間になるし、他人を信じられなくなる」と厳しい意見まで…!

 昔から、日本の美徳されている「人様に迷惑をかけてはいけない」という考え方ですが、ホリエモンはその考え方は間違いであると言います。

 現にホリエモンも、様々な人の力を借りることでロケット事業を手掛けたり、グルメアプリ「TERIYAKI」やトークライブアプリ「755」などのアプリをリリースしたりしています。日本では「他人に頼る」ことは良くないとされていますが、「他人に頼る」ことが出来てこそ自分の可能性を拡げるチャンスに出会えるのではないでしょうか?

「人生のポートフォリオを組め!」

 また、色々な仕事をやっていると安定も将来もない…と思ってしまいがちですが、一つの会社に属して一つの仕事をこなしていく方が不安定なのは間違いないとのこと。

 金融業界ではリスクを分散させるために「ポートフォリオ」を組むのが一般的ですが、ホリエモンは「人生でもポートフォリオを組んだ方がいい。多様化した生き方をしないといけないと思うし、その方がリスクが分散される」と語ります。

 絶対に潰れないと思っていた会社も簡単に潰れてしまう今のような時代だからこそ、複数の仕事をこなしながら、様々なコミュ二ティに属す。今後、そういった生き方が当たり前になっていくかもしれませんね。

 今後の生き方を考える上で、参考になる考えがたくさん詰まっている「堀江貴文のQ&A vol.395〜人生のポートフォリオ!?〜」。これからの時代の「安定」を模索している人には必見の内容です!



U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する