1. 金利を払ってお金を貸す!? 国債入札初のマイナス金利、利子を払ってでも国債を買いたい訳とは

金利を払ってお金を貸す!? 国債入札初のマイナス金利、利子を払ってでも国債を買いたい訳とは

  • 4834views
  • 0fav


初のマイナス金利を記録

財務省が23日実施した短期国債の入札で、平均落札利回りが年マイナス0.0037%となり、日本の国債入札で初めてマイナス金利を付けた。

出典:国債:金利マイナス…財務省入札で初 - 毎日新聞
 近年、国債の金利は年々低下しており、ついに、国債入札で初めてマイナス金利を記録しました。

マイナス金利とは?

 お金を貸す際、当然ですが、通常であれば借りる側が貸す側に利息を支払います。反対に、マイナス金利とは、お金を貸す側が借りる側に利息を払うという状況を指します。つまり、国が利息を受け取ってお金を借りている状態が、マイナス金利です。

 表面的には国債の購入者に損失が発生することになります。

なぜマイナス金利が発生したのか

 このマイナス金利を引き起しているのは、短期国債の品薄です。日本銀行が金融緩和政策の一環として、大量に国債を購入。結果、民間の金融機関が購入できる国債が品薄になってしまいました。

 しかし、国債は金融機関の間でお金を貸し借りする際の担保になるため、金融機関にとり額面以上の意味を持つため、金利を払ってでも国債を保有するニーズがあるようです。また、国債自体も取引の対象であるため、今後さらに価値が高まることを期待しているというのも国債購入の理由の1つです。


 現在、政府は個人向けの国債の募集を一部停止し、個人にも影響が広がってきていますが、今回のマイナス金利は、金融緩和政策が順調に進んでいることを意味しているという見方が多いようです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する