1. ホリエモン「絶対正社員にならない方がいいよ」―堀江貴文が今後の安定した働き方を語り尽くす

ホリエモン「絶対正社員にならない方がいいよ」―堀江貴文が今後の安定した働き方を語り尽くす

ホリエモン「絶対正社員にならない方がいいよ」―堀江貴文が今後の安定した働き方を語り尽くす 1番目の画像
 ホリエモンこと堀江貴文が、メルマガに寄せられた質問に答えるYouTube番組「ホリエモンチャンネル」。今回の放送のテーマは、近年大きな注目を集めている働き方についてホリエモンが語ります。

 クラウドソーシング、パラレルキャリアなど、ここ数年で働き方が多様化してきていますが、今後の働き方についてホリエモンはどのような考えを持っているのでしょうか?

ホリエモン「これからは複数の仕事を掛け持ちするのが当たり前になる」

Q:「正社員・派遣に次ぐ“クラウドワーカー”についてどう思いますか?」

 今回のホリエモンチャンネル「 堀江貴文のQ&A vol.394〜安定の鍵は掛け持ち!?〜」で取り上げた質問は、「堀江貴文さんは、正社員・派遣に次ぐ『クラウドワーカー』について、どう思われますか? ホリエモンの働き方への見解と今後に関してを教えてください」というもの。

A:「労働力もシェアされる時代になる。複数の仕事を掛け持ちして時間分割する働き方が当たり前になる」

 この質問にホリエモンは、「労働力もシェアされる時代になる。一つの仕事ではなく、複数の仕事を掛け持ちして時間分割する働き方が当たり前になると思う」と回答。

 今までは、就業規則で副業を禁止し、一つの会社に属して一つの仕事をこなしていくのが当たり前でしたが、その考え方は大きく変わりつつあります。

ホリエモン「一つの会社に勤めていて、クビになったら収入面でも精神面でも厳しい」

 例えば、ホリエモンのオンラインサロン「堀江貴文サロン」では夜の時間や週末を上手く活用して、新しい事業を立ち上げたりしている人が多くいるそうです。

 ダブルワークと聞くと「安定してなさそう……」というイメージを持つ人が多いかもしれない。

 しかし、ホリエモンは「ダブルワークの方が安定している。一つの会社に勤めていて、クビになったら収入も厳しくなるし、精神的にも厳しくなる」と主張。

ホリエモン「絶対、正社員にならない方がいいよ」

不安定なイメージがある契約社員にも「時間外勤務手当」「超過勤務手当」などがある

 また、日本では一般的な考え方とされている「正社員志向」ですが、これに対してもホリエモンこと堀江貴文は「絶対正社員にならない方がいいよ」とバッサリ。

 例えば、不安定と思われている契約社員ですが、時間外勤務手当や超過勤務手当など様々な手当てがあるそうです。

正社員のデメリットは「手当の少なさ」「原則は副業禁止」であること

 その一方で、正社員は社会保険が充実していて、雇い止めされることもないのですが、手当などが一切ないため、給料はなかなか増えていかず……。

 また、その会社以外で働けなくなってしまうため、正社員ではなく複数の仕事を掛け持ちした方が安定するとホリエモンは語ります。

仕事に悩むビジネスパーソン必見の“金言”が見つかるかも

 ホリエモンチャンネル「 堀江貴文のQ&A vol.394〜安定の鍵は掛け持ち!?〜」では、ホリエモンが考えるこれからの働き方以外にも、ゲストのサムライインキュベート榊原健太郎さんがイスラエルの起業家が安定している理由についても語ります。

 今のままでいいのかな…と仕事に対して悩みを抱えている人ほど、一度は目を通しておくべき内容。ホリエモンの言葉が、自分自身のキャリアを考える上での金言となるかもしれませんよ! 

堀江貴文が正社員志向をバッサリ斬ったホリエモンチャンネルはこちら↓



正社員になるべき?キャリアに悩んだら「CodeCampGate」に相談

ホリエモン「絶対正社員にならない方がいいよ」―堀江貴文が今後の安定した働き方を語り尽くす 2番目の画像

 最近では、正社員にはならずにフリーランスとして働くエンジニアの需要が増している。自分のスキルを活かし、ライフスタイルに合わせた働き方をすることができるため、人気も高い。

 「手に職つけたいけど、今からでは遅いし……」という人のために、エンジニアとしての新たな道を切り開くことができる「CodeCampGate」がおすすめだ。

 「CodeCampGate」は、大学生〜20代を対象に、未経験でのエンジニア転職に特化した、実績No.1のオンライン・プログラミングサービスである

 エンジニアとしての知識やスキルがなくとも、多くのレッスンを簡単に受けることができ、また就職先を紹介してもらうこともできる。今からでも、フリーエンジニアとして働くことも可能なのだ。

 正社員になるか悩んでいる人は、一度「CodeCampGate」に登録してみてほしい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する