1. 世界の味を東京で楽しむ。流行の兆しを見せる「クラフトビール」の奥深さを知ろう!

世界の味を東京で楽しむ。流行の兆しを見せる「クラフトビール」の奥深さを知ろう!

出典:www.flickr.com

 キレ・コク・苦味が銘柄などによって様々な味の違いが楽しめる、アルコールの定番ビール。夏はゴクゴクと喉に流し込み渇きを癒やすビールも、秋は旬の食材をつまみに、コクや味わいが濃いものをじっくりと味わうスタイルが増えているようです。

 その中でも小規模で作る「クラフトビール」は独自のこだわりや特色があり、これまでのビールの飲み方とは違った楽しみ方があると流行の兆しを見せています。
出典:www.flickr.com
 
 国内外合わせると100種類以上もあるクラフトビールの味わいは様々。一般的に目にする黄金色のビールでも、柑橘類やハーブの華やかな香りがする爽やかなものもあれば、かなりしっかりとした苦味を感じる味の濃いものもあります。

 変わり種で言えば、果物の果汁を加えたフルーツビールがあります。まるでカクテルのような甘酸っぱくフルーティーな味わいが、ビールが苦手な女性にも人気です。
出典:www.liefmans.be

 クラフトビールは目でも楽しめるのが魅力のひとつ。ポピュラーな白や黒、茶色だけでなく、鮮やかな赤や緑などもあり、グラスに注いだ姿を楽しむのも一興。

 さらには、日本のビールではあまり目にしないような個性的なラベルのビールもあり、インテリアとして集めるのもアリかもしれませんね。
出典:www.nipponcraftbeer.com

 ビールはジョッキで! そう思っている方も多いことでしょう。もちろんジョッキでも楽しめますが、クラフトビールを本当に美味しく楽しむには適したグラスで飲む必要があります。

 たとえば香りにこだわるクラフトビールなら、揺らすことで香りが一層引き立つワイングラスで。旬の食材と合わせて飲むと、より一層の味わいが楽しめるはずです。


 様々な楽しみ方のあるクラフトビール。最近では東京でも楽しめる場所が増えています。

虎ノ門『クラフトビア マーケット』

出典:www.craftbeermarket.jp

 30種類の樽生クラフトビールが楽しめる「クラフトビア マーケット」。美味しい料理と共に楽しめると評判のお店です。

両国『ポパイ』

 両国にある老舗のクラフトビールバー「ポパイ」。ほとんどが日本の醸造所で作られたものを取り扱っており、その数70種類にも及ぶとのこと。

渋谷『factory』

 渋谷と表参道の間に店を構える「factory」は、カフェにもかかわらず60種類を超える厳選のされたクラフトビールが揃っています。オーナーおすすめの餃子と一緒に味わってみてはいかがでしょうか。


 クラフトビールは知れば知るほど様々な味があるので、きっと苦手意識のある方にも合うピッタリなビールがあるはずです。この機会に新しい味との出会いを求めて、クラフトビールに挑戦してみてはいかがでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する