1. もう一度見直したいスーツコーディネート術。スーツ×シャツ×ネクタイの基礎知識から再確認

もう一度見直したいスーツコーディネート術。スーツ×シャツ×ネクタイの基礎知識から再確認

出典:imgkid.com
 
 毎日目にする、スーツを身にまとったビジネスマン。その中で本当にスーツを「着こなせている」人はどれだけいるのでしょう。スーツを着こなすには、シャツとネクタイとのコーディネートが重要になってきます。ここでは、その3つのアイテムの組み合わせ方を、基本のルールから紹介します。

組み合わせの基本ルール

出典:www.ringjacket.co.jp
 
 スーツとシャツ、ネクタイを合わせるときには、いくつかルールがあります。

・柄のアイテムは2つまで
・柄と柄を組み合わせるときは色を合わせる
・色は3色以内におさめる
・黒系、青系でグラデーションをつくるときの色の濃さは、スーツ>ネクタイ>シャツの順にする

 これらを踏まえれば、組み合わせに失敗することはないでしょう。

一般的なネクタイの柄

 スーツやシャツ以上に多数の柄があるネクタイ。比較的安価なこともあり、贈り物としても最適です。スーツやシャツとの合わせ方の前に、その柄を見ておきましょう。

ソリッド

出典:merola.jp

 スーツやシャツが柄物のときに合わせたいソリッド(無地)のネクタイ。流行に左右されないため、1本持っておくと長く使えます。無地といっても織り方に種類があることをお忘れなく。

ストライプ

出典:www.armani.com

 ソリッドに並んで定番のストライプネクタイは、ストライプの幅が広くなるほどカジュアルになります。使われている色が少ない程スーツやシャツと合わせやすくなるので、3色以内におさめるのが無難です。

小紋

出典:item.rakuten.co.jp
 
 小紋柄も、柄が大きいとカジュアルに、小さいとクラシックになるという特徴があります。

ドット

出典:factelier.com
 
 ドットは一つ一つの柄が小さいものを選べば、1色が占める割合が大きくなるので、コーディネートが比較的しやすくなります。

チェック

出典:candc.dmdepart.jp

 チェックと言っても、タータンチェック・マドラスチェック・ギンガムチェックなど様々な種類があります。スーツスタイルにチェック柄をプラスすると、柔らかい印象に。

 
 以上がよく見られるネクタイの柄ですが、共通して言えるのは、 柄が大きい程カジュアルになる、 使われている色が少ない程合わせやすい、ということです。

スーツ×シャツ×ネクタイのコーディネート

 スタンダードなブラック・ネイビー・グレーのスーツには、どのようなシャツとネクタイを合わせるべきなのでしょうか。

ブラック

出典:www.eclothstyle.com

 ブラックのスーツに合わせるシャツは、白を基調としたものがよいでしょう。ネクタイは黒とのコントラストが強くなりすぎないカラーを選んで。柄のシャツやネクタイを選ぶときは、小さめの柄を選ぶとまとまりやすくなります。

 NGなのは、ブラックのスーツにホワイトのシャツとシルバーのネクタイを合わせるコーディネート。ビジネスシーンには向かない着こなしとなってしまいます。

ネイビー

出典:imgkid.com

 ネイビーのスーツにはホワイトかブルーのシャツがよく合います。ブルーのシャツを着る場合、ネクタイはスーツのネイビーとシャツのブルーの中間色を選びましょう。

 ワインレッドやオレンジのような赤系のネクタイも、ネイビーのスーツと相性がよいです。

グレー

出典:www.hallpride.com

 グレーのスーツに合わせるシャツの色といえばホワイトが定番ですが、カラーシャツとの相性も抜群です。カラーシャツは淡いピンクやブルーがオススメ。

 柄のネクタイともよく合いますが、その場合はスーツやシャツと色味をそろえましょう。


 ビジネスマンの中には、私服よりもスーツスタイルでいる時間が長いという方も多いはず。スーツのコーディネートにはシャツとネクタイが欠かせません。毎日のコーディネートに頭を悩ませていた方は、一度基本に戻ってみるのはどうでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する