1. 世の中を数字で見たことがありますか?『ヤバい統計学』で世界を知ろう

世の中を数字で見たことがありますか?『ヤバい統計学』で世界を知ろう

by scui3asteveo
 データの活用がビジネスの成功に大きな影響を及ぼす今日、正しく情報を読み解く「統計学」が注目されています。みなさんも、書店などで見かける機会が増えているのでは?

 何となく興味を持っていても、多忙な中でゼロから勉強し、新たな物の見方を身につけるのはなかなか難しいですよね。そこで、今回は統計学者のように正確な判断を下せる思考法、「統計的思考」の特徴を『ヤバい統計学』から紹介します。

統計的思考の5つの特徴

1.常に「ばらつき」に注目する

平均は多様性を一掃し、あらゆるものを最も単純なかたちに置き換える。その過程で単純化しすぎたり、平均の周りにある「ばらつき」に気がつかないというリスクを冒す。平均ではなくばらつきに注目することは、統計的思考が発達している確かな証しだ

出典:カイザー・ファング(2011)『ヤバい統計学』

 データを見るときに、つい平均値に目が行ってしまいがちではないですか?著者によれば、本当に目を向けるべきなのはその周りの「ばらつき」だということ。

 例えば、車で通勤する人がイライラしてしまう理由は、目的地までの所要時間ではなく、予測不能な事故などによって起こる想定外の遅れだそう。

 平均値の出やすい部分にばかり注目していると、ユーザーの本当に改善を求めている点に気がつかない、ということが確かにありそうです。

2.事実より実用性を優先させる

 データからではわからない事実もあります。アメリカでは、クレジットカードを利用する人の信用度を測るクレジットスコアという信用偏差値が存在しています。

 この統計モデルは、信用度に相関関係のある特徴を割り出し、それによって支払い不能になりそうな人とそうでない人を振り分けます。しかし、実際にある個人が支払い不能になるかどうかという真実はその時点ではわかりません。

 事実とは言えなくとも、今までのデータを参考に、実用性を重視して利用するのが統計的思考に基づいた行動です。

3.似た者同士を比べる

 統計的思考において、どのようにグループ分けをするのかはとても重要になります。

 例えば、「航空会社の墜落事故率」という指標で先進国と途上国を見てみると、途上国の方がその事故率は高いです。しかし、より詳細な「国際路線での航空会社の墜落事故率」を見ると、事故率はほとんど変わりません。

 つまり、途上国の事故率は国内路線で高かったということですね。正確な情報は、適切な項目での比較の中で見えてくるため、比較対象とその指標の確認をすることが必要になりそうです。

4.二種類の間違いの相互作用に注意する

 著者はここで、ドーピング検査の「間違った陽性反応」と「間違った陰性反応」という2種類の間違いを例に挙げ、その相互作用について説明しています。

スポーツ界では毎年数多くのドーピング検査が行われ、サンプルのだいたい1%が陽性と判定される。したがって、アスリートの10%が禁止薬物を使っているとしたら、そのうち大多数―少なくとも9%―は陰性と判定される。これが「間違った陰性反応」だ

出典:カイザー・ファング(2011)『ヤバい統計学』
 
 もし、この「間違った陰性反応」を無くそうと検査の基準を厳しくすれば、風邪薬などの成分も反応するようになり「間違った陽性反応」が増えてしまいます。逆もまた然りです。

 このように、2つの誤りの相互作用によって真実が隠れてしまうことがあるため、注意が必要だそう。いかに適切な基準を設定し、誤りを減らすことができるかも重要になりますね。
 

5.稀すぎる事象を信じない 

統計学者によるとアンコールくじに当選する確率は1000万分の1で、飛行機の墜落事故で死亡する確率とほぼ同じ。これほど確率が低いと、アンコールくじに当選したり、あるいは飛行機の墜落事故で命を落とすほど長生きする人はほとんどいない。しかし、アメリカ人の50%は州営のロトくじを買い、少なくとも30%は飛行機事故を恐れている

出典:カイザー・ファング(2011)『ヤバい統計学』
 
 日頃からデータに基づいて考えるようにしていると、「めったに起こらないこと=ありえないこと」という考え方になると著者は言います。

 統計的思考によって、過剰な期待や不安から生まれる損失を避けることもできそうですね。

 

 今回は、『ヤバい統計学』から統計的思考の5つの特徴を取り上げました。これらのことを念頭に置いてデータと向き合うだけで、より正確な情報を手に入れることができそうです。
 
 本書では、他にもディズニーランドや大学入試などのエピソードを交えて「統計的思考」を説明しています。興味のある方は、手に取ってみてはいかがでしょう。



U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する