1. おうちでオシャレ着洗濯しましょう。お気に入りの1着をおうち洗濯でもダメにしない方法

おうちでオシャレ着洗濯しましょう。お気に入りの1着をおうち洗濯でもダメにしない方法


 服の寿命を延ばすためには、クリーニングに勝る方法はないと思いますが、毎回クリーニングに出している暇もお金もないのが現実。やはり自宅で洗える服は自宅で洗いたいですよね。しかし洗いにくいオシャレ着は、洗濯の失敗ですぐサヨナラなんてこともしばしば...

 「お気に入りの服は長く着たい!」ということで、ここでは失敗しない洗濯方法を紹介します。

基本の洗濯機での洗い方

 洗濯機に入れて洗うと言っても、少し気をつけて洗うだけで仕上がりに大きな差が出ます! 洗濯機で洗える物の洗い方は以下の通りです。

①まずは、どんな服にも付いている「 取り扱い絵表示」をチェック。絵表示を見ることで、その服の適切な洗い方が分かります。

色柄物と白い物を分けましょう。一度色移りしてしまった服から完璧に色を抜くのは簡単ではありません。

③傷つくのが怖い服は 洗濯ネットに入れましょう。洗濯物同士の絡まりや、他の衣服の毛が付くのを防げます。

④洗い終わったら すぐ干しましょう。濡れた衣服をそのまま放置すると、雑菌が増えるばかりか、型崩れの原因になります。

 その他に、水の温度に気をつけたり、おしゃれ着専用の洗剤を使うのも有効です。

洗うときに注意が必要なアイテム

 手洗いが必要なアイテムや、ただ洗濯機に入れるだけではすぐにダメになってしまうアイテムの洗い方はコチラ。

形崩れしやすいジャケット

 綿・アクリル・ポリエステルなどの素材なら自宅で洗えますが、型崩れが心配なジャケットを洗う場合には何点かポイントがあります。

 まず、汚れが目立つ襟や袖には部分用洗剤をつけ、スポンジで叩いて汚れを浮かせます。次に大きめの洗濯ネットに横折りにして入れ、ドライコースに設定した洗濯機で洗います。脱水後はすぐにネットから出し、形を整えましょう。

ニットは手洗いがオススメ

 縮んだり毛羽立ったりと、洗濯の失敗が多いアイテム1位のニット。長持ちさせたいなら、手洗いがオススメです。

 洗い方は、中性洗剤をぬるま湯に溶かし、その中で押し洗いをします。最後もぬるま湯ですすぎ洗いをし、洗剤をよく落としましょう。洗濯機で脱水する場合は必ずネットを使用し、短時間で済ませます。

ジーンズは風合を保つのが命

 ものにもよりますが、ジーンズは洗濯機で洗うことができます。しかし、洗濯をしすぎると買ったときの風合がすぐ失われてしまうので、洗濯の目安は5回の着用で1回ほど。

 基本的にジーンズの洗濯は、色移りを避けるためにそれ単体で行います。まずボタンとジッパーを閉めて裏返し、洗濯機に投入。温度で色が変わってしまうことがあるので、水洗いをしましょう。そこまで汚れていなければ水だけの洗濯で充分ですが、汚れが気になる場合は中性洗剤を使うのがポイントです。傷みやしわの原因になるので、脱水は短めで。

見落としがちな「干し方」

 服によって洗い方にも違いがあるように、干し方にも違いがあるのをご存知ですか? 干し方が分からないときは、やはり「取り扱い絵表示」を確認しましょう。

 「晴れた日に太陽の下で洗濯物干し!」というのをやってしまいがちですが、日陰で干さなければいけない服もあるのです。また、デリケートな服は、吊り干しにしてはいけない場合もあります。


 服は、「着て終わり」にできません。長持ちさせたいなら、それなりのお手入れが必要です。少しの手間で服の寿命に違いが出るなら、その手間は惜しむべきではないでしょう。今まで洗濯の失敗が多かった方、参考にしてみてください!

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する