1. Googleが招待制で新メールアプリ「Inbox」を公開 GmailとInboxどっちを使う?

Googleが招待制で新メールアプリ「Inbox」を公開 GmailとInboxどっちを使う?

Googleが招待制で新メールアプリ「Inbox」を公開 GmailとInboxどっちを使う? 1番目の画像
出典:www.youtube.com

 Googleが提供しているメールアプリGmail。言わずと知れたメールサービスの代表格ですね。先日、そのGmailの開発を担当しているチームが新しいメールクライアントアプリ 「Inbox」をローンチしました。

インターフェースはタイムライン風に


Googleが招待制で新メールアプリ「Inbox」を公開 GmailとInboxどっちを使う? 2番目の画像
出典:www.youtube.com

 「Inbox」には受信メールをまとめる バンドル機能と、メールを開けなくても中の重要な情報が確認できる ハイライト機能が搭載されています。

Googleが招待制で新メールアプリ「Inbox」を公開 GmailとInboxどっちを使う? 3番目の画像
出典:www.youtube.com

 バンドル機能は、飛行機のフライト情報や店舗のクーポンなど、それぞれ関連しているメールを自動的にまとめてくれるので効率的なメールの確認が可能。

Googleが招待制で新メールアプリ「Inbox」を公開 GmailとInboxどっちを使う? 4番目の画像
出典:www.youtube.com

 ハイライト機能は、メールをいちいち開くことなく概要を確認できるもので、メールのサムネイル画像や、製品名・配送先・航空券のチェックイン情報などを一目で見ることができます。

メールのリマインドもより簡単に!


Googleが招待制で新メールアプリ「Inbox」を公開 GmailとInboxどっちを使う? 5番目の画像
出典:www.youtube.com

 さらに、「Inbox」はリマインダーが統合されており、ワンタッチでリマインダーの追加や、スヌーズなどを設定することが可能です。

 メールを複数返信しなければならないような場合も、返信する優先順位を簡単に設定することができ、それぞれの返信猶予の通知までしてくれるので返信忘れもなくなりそう。
 

 「Inbox」は現在、完全招待制でアプリを公開しています。ですが、正式リリースまで待てないという人のために、枠が増えた時に優先的に招待してくれるメールの登録も受け付けているので、気になる人は登録してみてはいかがでしょうか。

 ちなみに、登録方法はinbox@google.comにGmailのアカウントで空メールを送るだけです!


U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する